徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [柘植 覚]/[獅々堀 正幹]/[北 研二]/[任 福継]/[黒岩 眞吾]/Study of Intra-Speaker's Speech Variability over Long and Short Time Periods for Speech Recognition/Proc. of 2006 IEEE International Conference on Acoustic, Speech, and Signal Processing (ICASSP2006)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
147621
EOID
883805
Map
0
LastModified
2018年1月15日(月) 14:34:43
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
獅々堀 正幹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座
著者 必須
  1. 柘植 覚
    役割 任意

    (日) 手法の考案,筆頭著者の主たる指導者

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 獅々堀 正幹([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 実験援助

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 黒岩 眞吾(千葉大学大学院 融合科学研究科)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Study of Intra-Speaker's Speech Variability over Long and Short Time Periods for Speech Recognition

副題 任意
要約 任意

(英) In this paper, we describe a Japanese speech corpus collected for investigating the speech variability of a specific speaker over short and long time periods and then report the variability of speech recognition performance over short and long time periods. Although speakers use a speaker-dependent speech recognition system, it is known that speech recognition performance varies pending when the utterance was uttered. This is because speech quality varies by occasion even if the speaker and utterance remain constant. However, the relationships between intra-speaker speech variability and speech recognition performance are not clear. Hence, we have been collecting speech data to investigate these relationships since November 2002. In this paper, we introduce our speech corpus and report speech recognition experiments using our corpus. Experimental results show that the variability of recognition performance over different days is larger than variability of recognition performance within a day.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proc. of 2006 IEEE International Conference on Acoustic, Speech, and Signal Processing (ICASSP2006)
ISSN 任意
必須 1
必須
必須 397 400
都市 必須 (英) Toulouse, France / (日) ツールース (フランス) / (読) ツールース フランス
年月日 必須 2006年 5月 17日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-33947625663
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意