徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Lin Ya/[谷岡 哲也]/Tanihira Kokichi/[任 福継]/[多田 敏子]/Howard Katsuyo/Kobayashi Haruo/An Interactive E-learning System for Practicing Team Care by Interdisciplinary Collaboration/Kawasaki Journal of Medical Welfare

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
147154
EOID
687888
Map
0
LastModified
2013年5月21日(火) 10:36:02
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
任 福継
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座
著者 必須
  1. (英) Lin Ya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 谷岡 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tanihira Kokichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 多田 敏子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Howard Katsuyo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Kobayashi Haruo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) An Interactive E-learning System for Practicing Team Care by Interdisciplinary Collaboration

副題 任意
要約 任意

(英) "In recent years, remote education systems using telecommunication tools such as television and the internet have been developed and applied not only in open universities and preparatory schools, but also in areas where educational resources are scarce. However, these systems do not make immediate responses to questions from the learners in real time. In addition, an interactive education system connecting the computer system and the learners who need to practice team care by interdisciplinary collaboration has yet to be developed. That is the reason why we present ""interactive e-learning system for practicing team care by interdisciplinary collaboration"" and explore the possibility of introducing such a system into practice. As regards future considerations, it is important to develop effective learning content for this system. This content promotes and reinforces the essential attitude and skills for practicing interdisciplinary team care. Determination of the effectiveness of its application depends on whether the learners can practice interdisciplinary team care virtually and apply their learning to real situations."

キーワード 推奨
発行所 推奨 川崎医療福祉学会
誌名 必須 (英) Kawasaki Journal of Medical Welfare
ISSN 任意 1341-5077
ISSN: 1341-5077 (pISSN: 1341-5077)
Title: Kawasaki journal of medical welfare
Supplier: 川崎医療福祉大学
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 12
必須 1
必須 37 44
都市 任意
年月日 必須 2006年 8月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004745382/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110004745382
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意