徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [ヴィレヌーヴ 真澄美]/野村 晃子/[松木 均]/[金品 昌志]/[荒殿 誠]/Miscibility of Hydrocarbon and Fluorocarbon Surfactants in Adsorbed Film and Micelle/[Journal of Colloid and Interface Science]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
14542
EOID
855034
Map
0
LastModified
2017年5月15日(月) 13:49:58
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松木 均
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. ヴィレヌーヴ 真澄美([埼玉大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nomura Teruko / (日) 野村 晃子 / (読) のむら てるこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 松木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意

    (日) 解析,考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 金品 昌志
    役割 任意

    (日) 考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 荒殿 誠
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Miscibility of Hydrocarbon and Fluorocarbon Surfactants in Adsorbed Film and Micelle

副題 任意
要約 任意

(英) We investigated the miscibility of nonionic hydrocarbon and fluorocarbon surfactants in the adsorbed film and the micelle by surface tension measurements of the aqueous solution. The combination of tetraethyleneglycol monodecyl ether (C10E4) and tetraethyleneglycol mono-1,1,7-trihydrododecafluoroheptyl ether (FC7E4) was chosen because they have the same hydrophilic groups and about the same surface activity. The extent of nonideal mixing was estimated quantitatively in terms of the excess Gibbs energy in the adsorbed film g(H,E) and that in the micelle g(M,E). The excess area per adsorbed molecule, A(H,E), was also evaluated and discussed. The ionic hydrocarbon and fluorocarbon mixed surfactant systems, lithium dodecyl sulfate (LiDS)/lithium perfluorooctane sulfonate (LiFOS) and lithium tetradecyl sulfate (LiTS)/LiFOS systems are also investigated from the standpoint of excess Gibbs energy and excess area. It is also clearly shown that the regular solution approach does not fit in the systems that contain ionic species. Copyright 2001 Academic Press.

(日) 非イオン性の炭化水素系界面活性剤(テトラエチレングリコールモノデシルエーテル)とフッ素系界面活性剤(テトラエチレングリコールモノ-1,1,7-トリハイドロドデカフルオロヘプチルエーテル)の吸着膜とミセル中における混和性を表面張力測定から調べた.熱力学的解析から会合体形成の過剰熱力学量を求め,イオン性の炭化水素系界面活性剤-フッ素系界面活性剤混合系のものと比較し,両系の相違を議論した.さらに正則溶液理論はイオン性界面活性剤を含む系には適用できないことを示した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Academic Press(->組織[Elsevier Science])
誌名 必須 Journal of Colloid and Interface Science([Academic Press])
(pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
ISSN 任意 1095-7103
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 234
必須 1
必須 127 136
都市 任意
年月日 必須 2001年 2月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1006/jcis.2000.7251    (→Scopusで検索)
PMID 任意 11161499    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0035244988
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article