徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 桧山 澄子/花田 孝郎/[今井 仁司]/実用的な曲線データ点の間引き法/[日本応用数理学会論文誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
14497
EOID
809133
Map
0
LastModified
2016年2月23日(火) 17:07:29
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.工学基礎教育センター.工学基礎講座
著者 必須
  1. (日) 桧山 澄子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 花田 孝郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 今井 仁司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Practical Reduction Algorithms for the Data Points from a Plane curve

(日) 実用的な曲線データ点の間引き法

副題 任意
要約 任意

(英) We present here practical methods for reducing the data points composing a plane curve. This method is characterized that it works by specifying the rate or th number of the points to be reduced, not by giving the error tolerance. In this method we apply different algorithms according to the property of the original curve and the rate of reducing. This will give highly accurate result and less time in computing. In addition, the means how to estimate the obtained result are treated.

(日) 本論文では気象や地震などの解析に欠かせない地図データの間引き法を2つ提案する. 1つは全体的にみてオリジナル曲線との距離が小さくなるようにデータを間引く方法で, もう1つは局所的にオリジナル曲線との距離が小さくなるようにデータを間引く方法である. 既存の手法に比べて,どちらも間引き率を与えるだけでよいためユーザにとって使い易いものであり, 性能もよいことが 数値的に調べられた.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本応用数理学会
誌名 必須 日本応用数理学会論文誌([日本応用数理学会])
(pISSN: 0917-2246)
ISSN 任意 0917-2246
ISSN: 0917-2246 (pISSN: 0917-2246)
Title: 日本応用数理学会論文誌
Supplier: 一般社団法人日本応用数理学会
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 3
必須 2
必須 85 104
都市 任意
年月日 必須 1993年 1月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001883540/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110001883540
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意