徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 宮川 豊章/[上田 隆雄]/コンクリート構造物へのデサリネーションおよび再アルカリ化工法の適用/[コンクリート工学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
14427
EOID
230720
Map
0
LastModified
2005年6月7日(火) 10:34:57
Operator
近江 千代子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
上田 隆雄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座
著者 必須
  1. (英) Miyagawa Toyoaki / (日) 宮川 豊章 / (読) みやがわ とよあき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 上田 隆雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    役割 任意

    (日) 原稿の執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) コンクリート構造物へのデサリネーションおよび再アルカリ化工法の適用

副題 任意
要約 任意

(日) 塩害や中性化により劣化したコンクリート構造物の補修工法として,デサリネーションや再アルカリ化工法などの電気化学的手法が開発され,実用化が進んでいる.本稿では,デサリネーションおよび再アルカリ化工法に関する研究·開発の現状を整理するとともに,他の補修工法との比較を行うことにより,電気化学的補修工法の維持管理対策としての位置づけを示す.

キーワード 推奨
発行所 推奨 社団法人 日本コンクリート工学協会
誌名 必須 コンクリート工学([社団法人 日本コンクリート工学協会])
(resolved by 0387-1061)
ISSN: 0387-1061 (pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)
Title: コンクリート工学
Supplier: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
Publisher: Japan Concrete Institute
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 2186-2753)
ISSN: 0387-1061 (pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)
Title: コンクリート工学
Supplier: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
Publisher: Japan Concrete Institute
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 38
必須 3
必須 9 16
都市 任意
年月日 必須 2000年 3月 18日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意