徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 朴 煥埼/[宍戸 裕二]/宍戸 明香/川添 僚也/[小野 公嗣]/岩名 沙奈恵/[冨田 優美子]/[頼田 和子]/[坂井 隆志]/[福井 清]/Potential Role for Astroglial D-Amino Acid Oxidase in Extracelluar D-Serine Metabolism and Cytotoxicity/[The Journal of Biochemistry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
142267
EOID
669124
Map
0
LastModified
2012年11月3日(土) 17:48:09
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福井 清
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. (英) Park Ki Hwan / (日) 朴 煥埼 / (読) ぱく はんき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《パク ハンキ (KI HWAN PARK) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2006年3月》
    《朴 煥埼 (KI HWAN PARK) @ 分子酵素学研究センター [研究生] 2001年10月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 宍戸 裕二([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ichise-Shishido Sayaka / (日) 宍戸 明香 / (読) ししど さやか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kawazoe Tomoya / (日) 川添 僚也 / (読) かわぞえ ともや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《川添 僚也 (Kawazoe Tomoya) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《川添 僚也 () @ 医学部 [学部学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 小野 公嗣
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Iwana Sanae / (日) 岩名 沙奈恵 / (読) いわな さなえ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《岩名 沙奈恵 (Iwana Sanae) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2004年4月〜2007年3月》
    《岩名 沙奈恵 () @ 医学部 [学部学生] 2000年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. 冨田 優美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 頼田 和子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 坂井 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Potential Role for Astroglial D-Amino Acid Oxidase in Extracelluar D-Serine Metabolism and Cytotoxicity

副題 任意
要約 任意

(英) D-amino acid oxidase (DAO) is a flavoenzyme that catalyzes the oxidation of D-amino acids. In the brain, gene expression of DAO is detected in astrocytes. Among the possible substrates of DAO in vivo, D-serine is proposed to be a neuromodulator of the N-methyl-D-aspartate (NMDA) receptor. In a search for the physiological role of DAO in the brain, we investigated the metabolism of extracellular D-serine in glial cells. Here we show that after D-serine treatment, rat primary type-1 astrocytes exhibited increased cell death. In order to enhance the enzyme activity of DAO in cells, we established stable rat C6 glial cells overexpressing mouse DAO designated as C6/DAO. Treatment with a high dose of D-serine led to the production of hydrogen peroxide (H(2)O(2)) followed by apoptosis in C6/DAO cells. Among the amino acids tested, D-serine specifically exhibited a significant cell death-inducing effect. DAO inhibitors, i.e., sodium benzoate and chlorpromazine, partially prevented the death of C6/DAO cells treated with D-serine, indicating the involvement of DAO activity in d-serine metabolism. Overall, we consider that extracellular D-serine can gain access to intracellular DAO, being metabolized to produce H(2)O(2). These results support the proposal that astroglial DAO plays an important role in metabolizing a neuromodulator, D-serine.

キーワード 推奨
  1. D-アミノ酸酸化酵素(D-amino acid oxidase)
  2. アストロサイト(astrocyte)
  3. クロルプロマジン(chlorpromazine)
  4. 過酸化水素水(hydrogen peroxide)
  5. D-セリン(D-serine)
発行所 推奨 日本生化学会
誌名 必須 The Journal of Biochemistry([日本生化学会])
(pISSN: 0021-924X, eISSN: 1756-2651)
ISSN 任意 0021-924X
ISSN: 0021-924X (pISSN: 0021-924X, eISSN: 1756-2651)
Title: Journal of biochemistry
Title(ISO): J. Biochem.
Supplier: Oxford University Press
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 139
必須 2
必須 295 304
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2006年 2月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1093/jb/mvj036    (→Scopusで検索)
PMID 任意 16452318    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Gene Regulatorics, The Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima, Tokushima 770-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Comparative Study

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't