徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [道重 文子]/[神農 今日子]/[吉永 純子]/[日野出 大輔]/Yozo Takehisa/Susumu Yasuoka/Effect of saliva collection method on the concentration of protein components in saliva/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
141358
EOID
878469
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:07:50
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
日野出 大輔
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科.基礎口腔科学講座.予防歯学 (予防歯科学講座)
著者 必須
  1. 道重 文子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 神農 今日子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 吉永 純子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 日野出 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Yozo Takehisa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Susumu Yasuoka
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 安岡 劭
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effect of saliva collection method on the concentration of protein components in saliva

副題 任意
要約 任意

(英) In order to clarify how we collect saliva for analyzing salivary protein in aged subjects who can not eat well, we compared the effects of suction, spitting and the swab saliva collection method on the yield of protein components in saliva samples from normal volunteers. The saliva collected by suction, spitting and the swab method were designated as, Saliva I, II and III, respectively. The saliva volume collected by Saliva I was about 2-fold greater than that by of Saliva II and III. This is mainly due to the fact that saliva secretion was stimulated by the suction itself. The content of total protein, S-IgA, trypsin-like activity and human airway trypsin-like protease (HAT) were almost the same in Saliva I and II, and significantly lower in Saliva III than in Saliva I and II. Kallikrein activity was almost the same in Saliva I, II and III. The concentration of each total protein, S-IgA, kallikrein activity, trypsin activity and HAT in Saliva I were significantly positively correlated with that in Saliva II. These results indicate that we can obtain information of change of salivary protein by analyzing saliva collected by suction method, although this method caused the stimulation of saliva to some extent.

キーワード 推奨
  1. (英) Adult
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 成人 (adult)
    [キーワード] 成人教育経営 (adult education administration)
  2. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  3. (英) Humans
  4. (英) Immunoglobulin A, Secretory
  5. (英) Kallikreins
  6. (英) Saliva
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 唾液腺 (salivary gland)
    [キーワード] 唾液腺 (salivary glands/->キーワード[唾液腺])
  7. (英) Salivary Proteins and Peptides
  8. (英) Serine Endopeptidases
  9. (英) Specimen Handling
  10. (英) Suction
  11. (英) Trypsin
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] トリプシン (trypsin)
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1343-1420
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 53
必須 1,2
必須 140 146
都市 任意
年月日 必須 2006年 3月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.53.140    (→Scopusで検索)
PMID 任意 16538007    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 110799
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Fundamental Nursing, School of Health Sciences, The University of Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Comparative Study

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Evaluation Studies

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  5. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't