徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

研究活動: [徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座]/[徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座]/[名古屋工業大学]/[中野 晋]/[岡部 健士]/[上月 康則]/北野 利一/[竹林 洋史]

ヘルプを読む

「研究活動」(研究補助を受けた研究活動)は,研究補助金の交付を受けた研究活動を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
14043
EOID
524450
Map
0
LastModified
2010年7月9日(金) 14:48:55
Operator
山田 美緒
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中野 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座
  2. 徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座(〜2014年3月31日)
  3. 名古屋工業大学
研究者 必須
  1. 中野 晋([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
  2. 岡部 健士
  3. 上月 康則(徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
  4. (英) Kitano Tosikazu / (日) 北野 利一 / (読) きたの としかず
  5. 竹林 洋史
種別 必須
  1. 国内
出資団体 必須 政府.文部省.日本学術振興会(->組織[独立行政法人日本学術振興会])
予算名 必須 科学研究費補助金
予算名2 推奨 (英) Scientific Research (C)(2) / (日) 基盤研究(C)(2) / (読) きばんけんきゅうしーに
番号 推奨 10650509
課題 必須

(英) Study on Response of Physical Phenomena to Wetland Ecosystem in Large River Mouth

(日) 大河川河口周辺の物理現象と干潟生態系の応答に関する研究

要約 任意

(英) 1) Field survey of the habitat distribution of Genus Uca that is classified "Near Threatened species" were carried out on river-mouth flats in seven prefectures. The relationship between bed material properties and inhabiting density was examined by using the neural network analysis. 2) To accumulate the basic data for verifying the numerical simulation, water qualities and zooplankton were observed in the Yoshino river mouth. To investigate the response of physical phenomena to wetland ecosystems, at the same time, 2D river-bed variation program and quasi-3D flow simulation program were improved and examined their accuracy. 3) A detailed meshed vegetation map is presented based on the results of a full vegetation survey. Two methods to predict plant community distribution were proposed. One is a method using the preference curve developed the concept of PHABSIM(Physical Habitat Simulation System) and the other is the neural network analysis. 4) Field observations were carried out in five wetlands in the Yoshino river estuary during 1999 and 2000. The distribution of Ocypodidae was investigated and a distribution pattern prediction model was developed. The assimilation function of organic matter by a common Ocypodidae Macrophthalmus japonicus was examined quantitatively to evaluate one of the wetland ecosystems worth. 5) New practical methods to utilize the eigen functions obtained by Principal Component Analysis (PCA) were proposed. They can be succeeded to extract the temporal periodicity and the spatial path of sand movement, which are important for understanding the topography change.

(日) 中野は平成10∼12年度に徳島,高知,香川,兵庫,岡山,大阪,和歌山の7府県でシオマネキ属(Genus Uca)の生息分布調査を実施した.各生息地の底質,気象,地形諸量を説明変数,シオマネキの活動個体を目的変数とするニューラルネットワークを構築し,環境因子ごとの感度分析を実施した.また河口部の塩分変動や動物プランクトンについての現地観測を実施し,数値計算検証のための基礎データ収集に努めた.一方,河口の物理環境と生態系応答を調べるため,2次元河床変動計算法および準3次元流動計算プログラムの整備を行い,問題点の洗い出しと精度の検討を行った.さらに岡部と協力して吉野川河口∼池田ダム間の定期横断測量データを用いて,吉野川下流部の河床変動の経年変化について調べた.岡部は交互砂州の上に発達した植物群落について10×10mメッシュの植生図を作成し,植生と河状履歴との関連について調べた.これまでに提案しているPHABSIMの概念を応用したモデルに加えて,ニューラルネットワークを用いて植生分布の再現を試みた.これらを通して各分析法の特徴と再現性能が明らかになった.上月は吉野川干潟のスナガニ類の分布と環境機能を明らかにするために現地調査,モデルの作成,機能評価を行なった.スナガニの3種の分布を予測する統計モデルを作成した結果,夏期の吉野川干潟のヤマトオサガニの個体数は約120,000,000個体で,流域からの年間排出窒素量の約0.09%がヤマトオサガニによって固定され,2.5%が浄化されていると推算された.北野は河口地形変化の現象を把握するために,深浅測量による地形の時系列データを対象とした主成分解析による新たな地形変動分析法についての理論的考察を行った.時系列データを複素化することにより,地形変動の時間的スケールやその伝播経路といった変動特性について摘出可能であることを示した.

金額 推奨
  1. 1800.0千円
  2. 900.0千円
  3. 1000.0千円
期間 必須 1998年 4月 1日〜2001年 3月 31日
備考 任意