徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [獅々堀 正幹]/南本 貴之/松本 一則/内藤 正樹/[柘植 覚]/[北 研二]/フレーム画像間の特徴点の変化に基づくカメラモーションの推定/Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
138222
EOID
757533
Map
0
LastModified
2014年11月25日(火) 15:12:32
Operator
獅々堀 正幹
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
獅々堀 正幹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座
著者 必須
  1. 獅々堀 正幹([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 筆頭著者として,研究手法の提案,論文執筆を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Minamimoto Takayuki / (日) 南本 貴之 / (読) みなみもと たかゆき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Matsumoto Kazumori / (日) 松本 一則 / (読) まつもと かずのり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Naito Masaki / (日) 内藤 正樹 / (読) ないとう まさき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 柘植 覚
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共同研究者として,関連文献の調査および研究の助言を行った.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Estimation of the Camera Motion based on Movement of Interest Points between Images

(日) フレーム画像間の特徴点の変化に基づくカメラモーションの推定

副題 任意
要約 任意

(英) In this paper, we propose the efficient algorithm to estimate the camera motion by using the movement information of interest points extracted from each frame image in a video. First, some interest points are extracted from the frame image by using the Harris interest operator, and then all correspondences of each interest point between two neighboring frames are decided. Based on these movement data of interest points, camera motion parameters (zoom, pan, tilt) are calculated. In the learning phase, ``shot CM vectors'' are generated based on the three CM parameters in a shot and input to the support vector machines. In the test phase, ``window CM vectors'' are generated within each window and input to the SVM to discriminate shots which contain the camera motion.

(日) 本論文では,映像内の各フレーム画像から検出された特徴点の変化に着目し,カメラモーションを効率的に推定する手法を提案する.まず,各フレーム画像から特徴点を検出し,隣接画像間にて特徴点の対応関係を決定する.その後,特徴点の動き変化に基づいて,カメラモーションの種別(ズーム,パン,チルト等)を推定する.推定方法としては,特徴点の動き変化を特徴ベクトル化し,学習用データからSVMを用いて判別モデルを作成する.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006)
ISSN 任意
必須
必須
必須 145 150
都市 必須 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2006年 2月 2日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意