徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [森 健]/Nakashima Masashi/Fukuda Yasuhisa/[南川 慶二]/[田中 正己]/Maeda Yasushi/Solubule-insoluble-soluble transitions of aqueous poly(N-vinylacetamide-co-acrylic acid) solutions/[Langmuir]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
137900
EOID
667493
Map
0
LastModified
2012年10月25日(木) 15:04:00
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
南川 慶二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
著者 必須
  1. 森 健
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nakashima Masashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中島 将史 (Nakashima Masashi) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2004年10月〜2007年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Fukuda Yasuhisa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《福田 泰久 (Fukuda Yasuhisa) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 田中 正己([徳島文理大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Maeda Yasushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Solubule-insoluble-soluble transitions of aqueous poly(N-vinylacetamide-co-acrylic acid) solutions

副題 任意
要約 任意

(英) Several poly(N-vinylacetamide-co-acrylic acid)s with various copolymer compositions have been synthesized, and their unique phase-transition behavior in aqueous salt (Na2SO4 or NaCl) solutions was investigated. Copolymers containing more than 51 mol % N-vinylacetamide (NVA) show reentrant soluble-insoluble-soluble transitions with increasing temperature. The soluble-insoluble transition temperature (T(p1)) increased linearly with increasing NVA content, whereas the insoluble-soluble transition temperature (T(p2)) was almost constant irrespective of the NVA content. Potentiometric titration of the copolymer solutions suggested that the acrylic acid (AA) carboxyl groups form hydrogen bonds with the NVA amide groups even under soluble conditions. Dehydration of the NVA amides and their consequent hydrogen bonding with the AA carboxyl groups during the soluble-insoluble transition process was indicated by FTIR measurements. Addition of salt (Na2SO4 or NaCl) to the aqueous media reduces the solvent quality and enhances the intra- and interchain interactions of the copolymers. Thus, T(p1) was observed to decrease and T(p2) was observed to increase with increasing salt concentration. However, the addition of urea to the media reverses the concentration dependence of T(p1) and T(p2) by disturbing the intra- and interchain interactions of the copolymers.

キーワード 推奨
発行所 推奨 アメリカ化学会
誌名 必須 Langmuir([アメリカ化学会])
(pISSN: 0743-7463, eISSN: 1520-5827)
ISSN 任意 0743-7463
ISSN: 0743-7463 (pISSN: 0743-7463, eISSN: 1520-5827)
Title: Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids
Title(ISO): Langmuir
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 22
必須 9
必須 4336 4342
都市 任意
年月日 必須 2006年 3月 24日
URL 任意
DOI 任意 10.1021/la060212v    (→Scopusで検索)
PMID 任意 16618184    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Chemical Science and Technology, Faculty of Engineering, University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjima, Tokushima 770-8506, Japan. moritcm@mbox.nc.kyushu-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article