徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [吉岡 昌美]/[本那 智昭]/[福井 誠]/[横山 正明]/[田部 慎一]/[玉谷 香奈子]/[横山 希実]/[増田 かなめ]/[日野出 大輔]/[中村 亮]/フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果/[口腔衛生学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
135945
EOID
708609
Map
0
LastModified
2013年8月30日(金) 14:14:20
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉岡 昌美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 日本口腔衛生学会
著者 必須
  1. 吉岡 昌美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 本那 智昭([徳島大学.歯学部.歯学科.基礎口腔科学講座.予防歯学 (予防歯科学講座)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 福井 誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 横山 正明
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 田部 慎一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 玉谷 香奈子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 横山 希実
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 増田 かなめ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.予防歯学]/->個人[三木 かなめ])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 日野出 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 中村 亮([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果

副題 任意

(日) 歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析

要約 任意

(英) In 1993, a daily fluoride mouth rinsing program and biannual oral examination were started at the nursery school, elementary school and junior high school of the K District, Tokushima Prefecture. In this study, the longitudinal change of caries development in elementary school students was evaluated. Caries development by tooth type in schoolchildren of the 6th grade was evaluated, and furthermore, the relationship between deciduous tooth caries in 1st grade students and caries development in permanent teeth in 6th grade students was also elucidated. After starting the daily fluoride mouth rinsing program, caries development in the permanent teeth of the low grade children of the elementary school began to decrease first, followed by that of the high grade children, and then, the junior high school students. It was revealed that the strong suppression of caries development in the 1st molar was reflected in a decrease in total caries development in the 6th grade schoolchildren. In addition, a significant relationship between DMFT in the 6th grade schoolchildren and the number of deciduous tooth caries or the number of deciduous teeth in the 1st grade schoolchildren was detected. These results suggest that a fluoride mouth rinsing program before school age is effective for caries prevention in the 1st molar, but, in order to effectively prevent permanent tooth caries, a high risk strategy is needed for children with deciduous tooth caries.

(日) 徳島県の山間部に位置するK村では, 平成5年度より村内の保育園, 幼稚園, 小中学校において週5回のフッ化物洗口と年度2回の歯科健康診断を実施している.本研究では, フッ化物洗口を開始してからの児童生徒のう蝕有病状況の経年的変化をまとめ, 特に, 小学校6年生での歯群別のう蝕有病状況について詳しく調べた.さらには, 小学校1年生での乳歯う蝕の状況, 歯の萌出状況と6年生での永久歯う蝕経験との間の関連性について調べた.以上の結果, フッ化物洗口開始後のう蝕有病状況の経年的変化において, 永久歯う蝕は小学校低学年で早期に減少傾向が現れ, 次いで高学年, 中学生へと移行していることがわかった.小学校6年生での歯群別のう蝕有病状況から, 第一大臼歯のう蝕有病率が大幅に抑制されたことが, 全体のう歯数低下につながっていることが示唆された.一方, フッ化物洗口開始後も小学校1年生での乳歯未処置う歯の本数や乳歯の現在歯数が小学校6年生でのDMFTと有意に関連することがわかった.このことは, 就学前からのフッ化物洗口は第一大臼歯のう蝕罹患を抑制するのに効果的なう蝕予防施策であるが, さらに永久歯う蝕の抑制効果を期待するためには, 乳歯う蝕を指標としたう蝕リスクの高い幼児への介入が必要であることが示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) Supervised fluoride mouth rinsing / (日) 集団フッ化物洗口
  2. (英) Caries prevention / (日) う蝕予防効果
  3. (英) Analysis by tooth type / (日) 歯群別分析
  4. (英) The relationship of the deciduous teeth caries to the permanent teeth caries / (日) 乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性
発行所 推奨 日本口腔衛生学会
誌名 必須 口腔衛生学会雑誌([日本口腔衛生学会])
(pISSN: 0023-2831)
ISSN 任意 0023-2831
ISSN: 0023-2831 (pISSN: 0023-2831)
Title: Koku Eisei Gakkai zasshi
Title(ISO): Koku Eisei Gakkai Zasshi
Supplier: 有限責任中間法人日本口腔衛生学会
Publisher: Japanese Society for Dental Health
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 55
必須 5
必須 552 558
都市 任意
年月日 必須 2005年 10月 30日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10016760398/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 10016760398
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意