徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/生化学実習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
134497
EOID
578181
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 18:40:22
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Practice in Biochemistry / (日) 生化学実習 / (読) せいかがくじっしゅう
題目 任意
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 西田 敏信
    肩書 任意
  2. 坂東 美和
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 生化学領域で使用される基本的な方法を,実習で体験し原理や操作を習得する.タンパク質の電気泳動や酵素活性の測定などを通し,生体試料の取り扱い方を習得する.

概要 必須

(日) 生成成分の分離,分子量推定および酵素反応の解析など,生化学の基礎的な事柄について理解を深める.実習目的を説明し,小グループに分かれて実習する.実習後直ちにレポートを提出させ,理解度を確認しながら,次に進める.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 実習レポートを定期的に提出すること.不備があれば再提出を求める.

目標 必須
  1. (日) 生化学領域における基本手技を習得する.生体試料の取り扱い方を習得する.

計画 必須
  1. (日) 緩衝液の作製

  2. (日) タンパク質の定量(Biuret法,Lowry法)

  3. (日) カラムクロマトグラフィーによるタンパク質の分画(ゲル濾過法,イオン交換法)

  4. (日) 電気泳動によるタンパク質の分離および分子量推定(アガロースゲル,ポリアクリルアミドゲル)

  5. (日) 酵素活性の測定

評価 必須

(日) レポート,実習に取り組む態度を基に総合的に評価する.

再評価 任意
教科書 必須
参考資料 推奨
  1. (日) 実習テキストを配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 西田 敏信
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日 17:00∼

  2. 坂東 美和
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意