徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Yan Hong-Tao/[新家 利一]/Kinoshita Keigo/[佐藤 陽一]/[梅野 真由美]/Chen Gang/Tsuji Keiko/Unemi Yukiko/Yang Xin-Jun/Iwamoto Teruaki/[中堀 豊]/Molecular analysis of TBL1Y, a Y-linked homologue of TBL1X related with X-linked late-onset sensorineural deafness/[Journal of Human Genetics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
134477
EOID
692129
Map
0
LastModified
2013年6月24日(月) 15:13:36
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[副研究部長]/[大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Yan Hong-Tao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《閻 洪涛 (Hongtao Yan) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年10月〜2005年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 新家 利一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kinoshita Keigo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《木下 桂午 (Kinoshita Keigo) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 佐藤 陽一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品情報学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 梅野 真由美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Chen Gang
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 陳 剛
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《陳 剛 (GANG CHEN) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2000年4月〜2004年3月》
    《陳 剛 (GANG CHEN) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2011年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Tsuji Keiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《辻けい子 (Tsuji Keiko) @ 歯学部 [研究生] 2002年4月〜2002年5月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Unemi Yukiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Yang Xin-Jun
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《楊 新軍 (JUN XIN YANG) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年10月〜2003年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. (英) Iwamoto Teruaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 中堀 豊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Molecular analysis of TBL1Y, a Y-linked homologue of TBL1X related with X-linked late-onset sensorineural deafness

副題 任意
要約 任意

(英) Recent progress in sequencing the human Y chromosome has unveiled a series of X-Y homologous genes. In the present study, we focused on Transducin beta-like 1Y (TBL1Y), which is a Y-linked homologue of TBL1X that is related with X-linked late-onset sensorineural deafness. Recently, it has been shown that TBLR1, another homologue whose gene resides on chromosome 3, and TBL1X act as a corepressor/coactivator exchanger for several nuclear receptors and transcription factors. However, the expression pattern and function of TBL1Y remain unknown. The RT-PCR analysis of the TBL1 family revealed that TBL1Y was expressed in all 13 tissues examined but not in leukocytes. Among the cell lines tested, however, it was only expressed in NT2/D1 cells and in lymphoblasts transformed with Epstein Barr (EB) virus. To compare the functions of the TBL1 family, we generated a series of expression plasmids for GAL4DBD-fused proteins of the TBL1 family. We carried out dual luciferase assays using these plasmids in combination with a plasmid having a luciferase reporter gene harboring 5xGAL4 binding sites. Unlike the other constructs, GAL4DBD-fused TBL1Y did not repress the promoter activity. Moreover, we found three novel polymorphisms in the TBL1Y gene, IVS7+9G>A, G268C, and IVS7+1G>C, which is presumed to cause splicing error. These polymorphisms are found in males within Y-haplogroup O3 (XO3e), which is defined as the Y-haplogroup O3 excluding O3e, a branch of O3. The results show that TBL1Y differs from other members of the TBL1 family in expression and function, suggesting other roles in maleness.

キーワード 推奨
  1. (英) Age of Onset
  2. (英) Amino Acid Sequence
  3. (英) Chromosomes, Human, X
  4. (英) Chromosomes, Human, Y
  5. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  6. (英) Genetic Linkage
  7. (英) Hearing Loss, Sensorineural
  8. (英) Humans
  9. (英) Luciferases
  10. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  11. (英) Molecular Sequence Data
  12. (英) Polymorphism, Genetic
  13. (英) Promoter Regions, Genetic
  14. (英) Recombinant Fusion Proteins
  15. (英) Sequence Homology, Amino Acid
  16. (英) Transducin
発行所 推奨 Springer-Verlag
誌名 必須 Journal of Human Genetics(日本人類遺伝学会)
(pISSN: 1434-5161, eISSN: 1435-232X)
ISSN 任意 1434-5161
ISSN: 1434-5161 (pISSN: 1434-5161, eISSN: 1435-232X)
Title: Journal of human genetics
Title(ISO): J Hum Genet
Publisher: Springer Science+Business Media
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 50
必須 4
必須 175 181
都市 任意
年月日 必須 2005年 4月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s10038-005-0237-9    (→Scopusで検索)
PMID 任意 15834507    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000228972300003
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Human Genetics and Public Health, Faculty of Medicine, Graduate School of Proteomics, The University of Tokushima, 3-18-15 Kuramoto-cho, Tokushima, 770-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't