徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Asanuma Kotaro/Urushihara Ryo/Nakamura Kazumi/Kitaoka Kazuyoshi/[勢井 宏義]/[森田 雄介]/Shibasaki Hiroshi/[梶 龍兒]/Premovement gating of somatosensory evoked potentials after tibial nerve stimulation/[NeuroReport]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
134406
EOID
963751
Map
0
LastModified
2019年9月19日(木) 21:43:24
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
勢井 宏義
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Asanuma Kotaro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Urushihara Ryo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Nakamura Kazumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kitaoka Kazuyoshi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 北岡 和義 ([徳島大学.教養教育院])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《北岡 和義 (Kitaoka Kazuyoshi) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2000年4月〜2002年3月》
    《北岡 和義 (Kitaoka Kazuyoshi) @ 総合科学部 [学部学生] 1995年4月〜2000年3月》
    《北岡 和義 (Kitaoka Kazuyoshi) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 森田 雄介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Shibasaki Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Premovement gating of somatosensory evoked potentials after tibial nerve stimulation

副題 任意
要約 任意

(英) Somatosensory evoked potentials (SEPs) are attenuated or gated during movement. The mechanism for this includes both centrifugal gating of afferent input and competition with other afferents caused by the movement (peripheral gating). Using a paradigm in which the signal for triggering movement is the electric stimulus for SEPs, we studied the gating of SEPs after tibial nerve stimulation prior to foot movement, and compared it with that during counting task. Significant gating was found for P40 component, which distributed centrally and ipsilaterally to the side of the stimulation, whereas the contralateral N40 component showed no changes. Dissociated gating of P40 and N40 indicates multiple generators of these components, in contrast to the previous view of a single generator dipole projecting tangentially. Together with the previous findings in median SEPs, these gating phenomena should represent a general mechanism for sensori-motor integration in preparation for limb movement.

キーワード 推奨
  1. (英) dipole
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ソフト双極子共鳴 (soft dipole resonance)
  2. (英) Premovement gating
  3. (英) sensorimotor integration
  4. (英) SEP generator
  5. (英) Somatosensory evoked potentials (SEPs)
  6. (英) tibial nerve
発行所 推奨
誌名 必須 NeuroReport([Lippincott Williams & Wilkins])
(pISSN: 0959-4965, eISSN: 1473-558X)
ISSN 任意 0959-4965
ISSN: 0959-4965 (pISSN: 0959-4965, eISSN: 1473-558X)
Title: Neuroreport
Title(ISO): Neuroreport
Publisher: Lippincott Williams & Wilkins Ltd.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 14
必須 3
必須 375 379
都市 任意
年月日 必須 2003年 3月 3日
URL 任意
DOI 任意 10.1097/00001756-200303030-00016    (→Scopusで検索)
PMID 任意 12634487    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Neurology, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Syogoin Sakyo-ku, Kyoto 606-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't