徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 恒之]/Nobutane Hiroki/[平野 朋広]/[妹尾 真紀子]/Hyperbranched Acrylate Copolymer via Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinylbenzene and Ethyl Acrylate: Synthesis, Characterization, Hydrolysis, Dye-Solubilization, Ag Particle-Stabilization, and Porous Film Formation/[Macromolecular Materials and Engineering]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
133053
EOID
876591
Map
0
LastModified
2017年11月30日(木) 21:18:11
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
平野 朋広
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
著者 必須
  1. 佐藤 恒之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nobutane Hiroki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 平野 朋広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 妹尾 真紀子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hyperbranched Acrylate Copolymer via Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinylbenzene and Ethyl Acrylate: Synthesis, Characterization, Hydrolysis, Dye-Solubilization, Ag Particle-Stabilization, and Porous Film Formation

副題 任意
要約 任意

(英) Soluble hyperbranched acrylate copolymers were prepared by the copolymerization of divinylbenzene (0.10 mol · L-1) and ethyl acrylate (0.50 mol · L-1) using dimethyl 2,2 -azoisobutyrate of high concentrations (0.30 0.50 mol · L-1) as initiator at 70 and 80 °C in benzene. The copolymer formed at 80 °C for 1 h showed the weight-average molecular weight of 2.5 × 105, the small radius of gyration of 10 nm, the low second virial coefficient of 5.7 × l0-7 mL · g-2 as shown by the MALLS measurements at 25 °C in tetrahydrofuran, and also the very low intrinsic viscosity of 0.10 dL · g-1 at 30 °C in benzene.

(日) 多量の開始剤存在下,ジビニルベンゼンとアクリル酸エチルの共重合で得られた可溶性高分岐ポリマーが,色素や銀を包摂して安定化させることや多孔性フィルムを形成することなどを見出した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Macromolecular Materials and Engineering([Wiley-VCH])
(pISSN: 1438-7492, eISSN: 1439-2054)
ISSN 任意 1438-7492
ISSN: 1438-7492 (pISSN: 1438-7492, eISSN: 1439-2054)
Title: Macromolecular materials and engineering
Title(ISO): Macromol Mater Eng
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 291
必須 2
必須 162 172
都市 任意
年月日 必須 2006年 2月 10日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/mame.200500327    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意 000235608600008
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意