徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [谷岡 哲也]/甲斐 義弘/松田 拓也/[永峰 勲]/[多田 敏子]/[橋本 文子]/[松下 恭子]/[山下 留理子]/井上 喜雄/高坂 要一郎/53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker/Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
132629
EOID
262392
Map
0
LastModified
2006年1月20日(金) 12:29:26
Operator
近江 千代子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
谷岡 哲也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 谷岡 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意

    (日) 実験企画,データ解析,考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kai Yoshihiro / (日) 甲斐 義弘 / (読) かい よしひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Matsuda Takuya / (日) 松田 拓也 / (読) まつだ たくや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 永峰 勲
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 多田 敏子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 橋本 文子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 松下 恭子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.地域看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.地域·精神看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 山下 留理子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.看護リカレント教育センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Inoue Yoshio / (日) 井上 喜雄 / (読) いのうえ よしお
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Takasaka Yoichiro / (日) 高坂 要一郎 / (読) たかさか よういちろう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) 53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker

副題 任意
要約 任意

(日) パーキンソン症候群患者が利用するための歩行器は,その歩行障害の特性に十分に配慮したものになっていない.また,歩行障害の特徴を十分にとらえ,それらの情報を歩行支援装置の制御に用いれば,非常に有効であるが,このような研究は行われてこなかった.この研究では,筆者らが開発したSensor-controlled walker と Heel-to-toe pressure sensors(HPS)を使用してパーキンソン病の特有の症状であるすくみ足(FG)と呼ばれる状態を検知することができるかどうかを評価した.被験者は,Hoehn-Yahrの3度のパーキンソン病患者と健常被験者であった.健常被験者では,HPSから得られる踵から足指への圧力が,立脚期には,踵部→MP関節部→足尖部へと滑らかに変化するが,パーキンソン病患者では,FGの発生時に記録された圧力波形は,一歩行周期中に短い間隔で生じる2つのピークを示す2峰性であった.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) Centre for Rehabilitation and Human Performance Research
誌名 必須 (英) Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005
ISSN 任意
必須
必須
必須
都市 必須
年月日 必須 2005年 9月 5日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意