徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [谷岡 哲也]/高坂 要一郎/永峰 勲/[任 福継]/片岡 睦子/中屋 公子/[多田 敏子]/大坂 京子/[森口 博基]/[橋本 文子]/[松下 恭子]/[山下 留理子]/伊藤 奈織子/小田 典子/木曽 利恵/延和 佳奈/山口 友紀子/統合失調症用のクリニカルパス及びアウトカム管理の確認項目の作成と重要性の検討/季刊 こころの臨床

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
132595
EOID
690892
Map
0
LastModified
2013年6月14日(金) 11:54:51
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
谷岡 哲也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 谷岡 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意

    (日) 企画,調査,データの検討,考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 高坂 要一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 永峰 勲
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 片岡 睦子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (日) 中屋 公子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 多田 敏子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (日) 大坂 京子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 森口 博基
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 橋本 文子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 松下 恭子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.地域看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.地域·精神看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 山下 留理子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.看護リカレント教育センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (日) 伊藤 奈織子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (日) 小田 典子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (日) 木曽 利恵
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (日) 延和 佳奈
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (日) 山口 友紀子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 統合失調症用のクリニカルパス及びアウトカム管理の確認項目の作成と重要性の検討

副題 任意
要約 任意

(日) 近年,クリニカルパスはケアを改善するために用いられるようになった.この研究の目的は統合失調症用のためのCPを開発することである.その主要な焦点は,①ノーマライゼーションの理念に基づいたチームケアを実践すること,②CPと連動した患者アウトカム管理用の重要な品質管理項目を明確にすることである.アウトカム管理を病院で行うことによって,患者·家族のQuality of Lifeの向上,良好な費用対効果,医療者の満足度の向上,入院期間の短縮等の効果が得られる.筆者らは,(Interdisciplinary Collaborative Team Care Model: ICTCM)を2000年に導入し,1999年の平均在院日数205.7日(1994年の平均在院日数675.5日)を2004年には155.2日に短縮した病院において,学際的なケア提供者と事務責任者を調査対象として,聞き取り調査を行い,統合失調症用のCPとアウトカム管理項目を作成した.

キーワード 推奨
  1. 統合失調症(schizophrenia)
  2. (英) Normalization
  3. (英) Outcome management
  4. (英) Clinical path
  5. (英) Team care
発行所 推奨 株式会社 星和書店
誌名 必須 (英) a·la·care / (日) 季刊 こころの臨床 / (読) こころのりんしょう
ISSN 任意
必須 24
必須 1
必須 103 116
都市 任意
年月日 必須 2005年 3月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/50000160688/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 50000160688
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意