徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [橋本 親典]/[水口 裕之]/[上田 隆雄]/[渡邉 健]/自己充てん性ランク1のの高流動コンクリートのポンプ圧送性能の評価·改善方法の研究/科学研究費補助金基盤研究(C(2))研究成果報告書(課題番号15560395)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
132337
EOID
437379
Map
0
LastModified
2009年1月18日(日) 11:57:22
Operator
橋本 親典
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
橋本 親典
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 報告書
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.建設工学科
  2. 徳島大学.工学部.建設工学科.社会システム工学講座
著者 必須
  1. 橋本 親典([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 水口 裕之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 上田 隆雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 渡邉 健([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The research on the evaluation and improvement method of pumpability of the high -fluidity concrete with the self-compacting ability of Rank 1

(日) 自己充てん性ランク1のの高流動コンクリートのポンプ圧送性能の評価·改善方法の研究

副題 任意
要約 任意

(英) A purpose of this study is to establish the evaluation and improvement method of pumpability of the high-fluidity concrete with the self-compacting ability of Rank 1. In this research project, the experimental tests have been conducted to take the new indexes for evaluation and improvement of pumpability of the high-fluidity concrete in two series as followed: A) Field pumping test through the circulated pipeline in 2003, B) Laboratory Tests by using the test method for deformability of fresh concrete in 2004. The objective of the field test was to measure the pressure loss of fresh concrete flowing through the circulated pipeline by the actual concrete pumping on site. The exchanged horizontal conveying distance was about 59.5m. In this field test, the state of concrete in pumping was carried out from stable state to blocking state. The number of pressure gage was seven. Normal concrete having the slump of 18cm and the high-fluidity concrete with type of fly ash having the self-compacting ability of Rank 1 were used in this field test. The objective of the laboratory tests was to examine whether the variation of the pressure of fresh concrete is quantitative index of segregation resistance to pulsatile flow using a pumping tester. In this laboratory tests, the mix proportions and materials of the two concrete were same as those of the concretes in the files test. The following were concluded from the experimental work. (1) Pulsatile flow was generated as actual pumping by controlling move and stop of piston of pumping tester which used in test method of deformability of the high fluidity concrete with the self-compacting ability of Rank 1. (2) The comparison between test method of deformability during pulsatile flow and actual pumping in case of normal concrete, pressure loss of test method of deformability is higher than pressure loss of actual pumping. So test method of deformability is considered to be safe in case of normal concrete. On the other hand, pressure loss of test method of deformability is lower than pressure loss of actual pumping in case of the high-fluidity concrete with the self-compacting ability of Rank 1 with high viscosity.

(日) 本研究課題では,自己充てん性ランク1の高流動コンクリートのポンプ圧送性能を確保するための改善方法を明確にすることである. 平成15年度は,脈動に耐えうる分離抵抗性を含む管内閉塞に対する安全性を総合的に事前評価できる試験方法を確立することを目的として,スランプを18cm程度の普通コンクリートおよびフライアッシュを30%細骨材代替したランク1の高流動コンクリートを用いて,順調圧送から閉塞までの圧送状況を再現できる水平換算距離59.5m程度の小規模な循環圧送試験を行った.平成16年度は,脈動による分離抵抗性を含んだ試験方法の確立を目的として,変形性試験に用いる小型ポンプ圧送試験装置に脈動発生装置を付加し,脈動を発生させたコンクリートの室内流動実験を行った.実験に供したコンクリートは,平成15年度で実施した現場圧送実験で製造したコンクリートと同材料,同配合の普通コンクリートおよびランク1の高流動コンクリートである.脈動を発生させた変形性試験のテーパ管吐出位置の管内圧力損失と著者らが行った実機ポンプによる現場圧送実験結果3)の水平管の管内圧力損失の比に関する相似性を検討した. その結果,1)高粘性コンクリートの水平管1mあたりの圧力損失は,普通コンクリートの約2倍である.2)管壁を流動するコンクリートの骨材粒子と管壁が衝突する際に発生する振動にはコンクリートのコンシステンシーに起因する卓越周波数が存在し,卓越周波数が普通コンクリートと高粘性コンクリートで異なる.3)小型ポンプ圧送装置のピストンの可動と停止を制御することで,実際のポンプ圧送のような脈動波を再現させることができる.4)実際のポンプ圧送と本変形性試験の管内圧力損失に関する相似性は,普通コンクリートに対しては問題がないが,粘性の高いコンクリートに対しては変形性試験の結果が危険側の評価を与える可能性がある. 以上の実験的検討から,変形性評価試験装置に脈動発生装置を組み合わせて,高流動コンクリートのポンプ圧送性能として特に重要な脈動に対する材料分離抵抗性を評価する試験方法として「フレッシュコンクリートの脈動を発生させた変形性評価試験方法(案)」を提案することができた.

キーワード 推奨
発行所 任意
誌名 任意 (英) Reprot of research project (Scientific Research (C(2)), grant-in-aid for scientifc research (Project number 15560395) / (日) 科学研究費補助金基盤研究(C(2))研究成果報告書(課題番号15560395) / (読) かがくけんきゅうひほじょきんしけんけんきゅうしーにけんきゅうせいかほうこくしょ
ISSN 任意
任意
任意
任意
都市 任意
年月日 必須 2005年 12月 末日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意