徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [市原 多香子]/Kataoka Tsuyoshi/[田村 綾子]/Miyakoshi Yukiko/[桑村 由美]/[南川 貴子]/[森本 忠興]/Changes in the thickness of leg muscles before and after laparotomy/[広島大学保健学ジャーナル]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
132279
EOID
886696
Map
0
LastModified
2018年2月2日(金) 11:33:24
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田村 綾子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座
著者 必須
  1. 市原 多香子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kataoka Tsuyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 田村 綾子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Miyakoshi Yukiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 森本 忠興
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Changes in the thickness of leg muscles before and after laparotomy

副題 任意
要約 任意

(日) 広島保健学学会 特別講演In order to establish an objective and convenient technique to assess postoperative recovery following laparotomy, in particular activities of daily living, we measured the thickness of muscle tissues by ultrasound sonography. In the present study, the following four muscular compartments were selected: rectus femoris, biceps femoris, extensor digitorum longus, and soleus. These account for a large portion of the systemic skeletal musculature and are important for locomotion. Subjects were 28 patients who underwent moderately invasive surgery for stomach or colon cancer. The results showed that muscle thickness decreased significantly in all four compartments. Rectus femoris exhibited the greatest reduction in thickness and was most affected by short-term or long-term recumbency. Furthermore, for soleus, the tendency was that the longer the recumbency, the greater the wasting. These findings suggest that, of the four areas of the lower limb, rectus femoris is most affected by short-term recumbency and is most suited for objectively assessing postoperative recovery. The results of the present study suggest that it would be effective to design a recovery program focused on maintaining the femoral extensor muscles, which are most affected by short-term recumbency following laparotomy.

キーワード 推奨
  1. (英) leg muscle thickness
  2. (英) ultrasonography
  3. (英) laparotomy
発行所 推奨 (日) 広島大学保健学出版社
誌名 必須 広島大学保健学ジャーナル([広島大学])
ISSN 任意 1347-7323
ISSN: 1347-7323 (pISSN: 1347-7323)
Title: 広島大学保健学ジャーナル
 (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 5
必須 1
必須 10 15
都市 任意 広島(Hiroshima/[日本国])
年月日 必須 2005年 10月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/120000883619/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 120000883619
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意