徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Takamori Nobuyuki/[東 博之]/Kato Midori/Hashizume Shunji/[粟飯原 賢一]/[赤池 雅史]/Tamura Katsuya/[松本 俊夫]/High plasma heparin cofactor II activity is associated with reduced incidence of in-stent restenosis after percutaneous coronary intervention/[Circulation]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
130877
EOID
894311
Map
0
LastModified
2018年3月20日(火) 16:09:00
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
粟飯原 賢一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Takamori Nobuyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《高森 信行 (Takamori Nobuyuki) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 東 博之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kato Midori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《加藤 みどり (Katou Midori) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年12月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Hashizume Shunji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).糖尿病・代謝疾患治療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 赤池 雅史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Tamura Katsuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) High plasma heparin cofactor II activity is associated with reduced incidence of in-stent restenosis after percutaneous coronary intervention

副題 任意
要約 任意

(英) Thrombin plays an important role in the development of atherosclerosis and restenosis after percutaneous coronary intervention. Because heparin cofactor II (HCII) inhibits thrombin action in the presence of dermatan sulfate, which is abundantly present in arterial wall, HCII may affect vascular remodeling by modulating thrombin action. We hypothesized that patients with high plasma HCII activity may show a reduced incidence of in-stent restenosis (ISR). Sequential coronary arteries (n=166) with NIR stent (Boston Scientific Corp) implantation in 134 patients were evaluated before, immediately after, and at 6 months after percutaneous coronary intervention. Patients were divided into the following groups: high HCII (> or =110%, 45 lesions in 36 patients), normal HCII (> or =80% and <110%, 81 lesions in 66 patients), and low HCII (<80%, 40 lesions in 32 patients). Percent diameter stenosis at follow-up in the high-HCII group (18.7%) was significantly lower (P=0.046) than that in the normal-HCII group (30.3%) or the low-HCII group (29.0%). The ISR rate in the high-HCII group (6.7%) was significantly lower than that in the low-HCII group (30.0%) (P=0.0039). Furthermore, multivariate analysis demonstrated that high plasma HCII activity is an independent factor in reducing the incidence of angiographic restenosis (odds ratio, 0.953/1% increase of HCII; 95% CI, 0.911 to 0.998). The results demonstrate that HCII may have a hitherto unrecognized effect in inhibiting ISR. The effect of HCII may be mediated by inactivating thrombin in injured arteries, thereby inhibiting vascular smooth muscle cell migration and proliferation.

キーワード 推奨
  1. (英) cardiovascular diseases
  2. (英) angioplasty
  3. (英) atherosclerosis
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 動脈硬化 (atherosclerosis)
  4. (英) thrombin
  5. (英) dermatan sulfate
発行所 推奨 American Heart Association
誌名 必須 Circulation([American Heart Association])
(pISSN: 0009-7322, eISSN: 1524-4539)
ISSN 任意 1524-4539
ISSN: 0009-7322 (pISSN: 0009-7322, eISSN: 1524-4539)
Title: Circulation
Title(ISO): Circulation
Publisher: American Heart Association
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 109
必須 4
必須 481 486
都市 任意
年月日 必須 2004年 1月 26日
URL 任意 http://circ.ahajournals.org/cgi/content/abstract/109/4/481
DOI 任意 10.1161/01.CIR.0000109695.39671.37    (→Scopusで検索)
PMID 任意 14744972    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000188669400008
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Medicine and Bioregulatory Sciences, University of Tokushima Graduate School of Medicine, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Clinical Trial

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't