徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/地域社会論II(地域変容論)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
129571
EOID
581273
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 17:54:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (日) 地域社会論II(地域変容論) / (読) ちいきしゃかいろん ちいきへんようろん
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 平井 松午
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 近年わが国では,外国人労働者の流入に伴う諸事象が社会問題化している.しかしながら,第二次世界大戦前には日本からも多数の海外移民を各地に送出していた.明治以降に顕在化する国内移住を含めて,こうした戦前期の移民政策は,「近代化」を押し進めるわが国の社会経済的な変革の中で展開されてきたものである.そこで本授業では,近代化過程におけるわが国の移民政策の展開やその社会経済的背景について論じるとともに,「人口移動」という観点から「移住」現象を地理学的に考察することを目的としている

概要 必須

(日) 地域変容論研究(移民の歴史地理学的研究)

キーワード 推奨
  1. 地理学(geography)
  2. 近代日本(modern Japan)
  3. 移民(migrant)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) この授業の視点·論点については最初に平井が解説する.その後は,提示した資料や参考文献等にもとづいて,受講者各自に近代日本における人口移動·移住の地理的側面について報告してもらうことになる.

目標 必須
  1. (日) 移民を創出した「近代」の社会背景,ならびに移民研究の地理学的なアプローチ方法について理解できること.

計画 必須
  1. (日) 明治維新と制度改革-幕藩体制から近代国家へ-

  2. (日) 近代国家と世界システム-領土の確定と周辺化-

  3. (日) 文献発表と討論(1)

  4. (日) 「中央」と「地方」(1)-商業的農業の衰退と地主制の進展-

  5. (日) 「中央」と「地方」(2)-工業化と向都離村現象-

  6. (日) 文献発表と討論(2)

  7. (日) 辺境の内国植民地化-北海道の開拓と移民-

  8. (日) 文献発表と討論(3)

  9. (日) 「周辺化」地域出身の海外出稼ぎ移民-ハワイ移民-

  10. (日) 文献発表と討論(4)

  11. (日) 海外移民の移住地転換-北米·ベンゲット·南米移民-

  12. (日) 文献発表と討論(5)

  13. (日) 拓殖政策と満州移民-海外植民地への拓殖移民-

  14. (日) 文献発表と討論(6)

  15. (日) 近代におけるわが国の人口移動-地理学的視点から-

  16. (日) 授業のまとめ

評価 必須

(日) 受講者の報告内容,授業での発表·討論内容,レポートなどにもとづく総合評価とする.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 授業中にプリントを配布する.参考書として下記の文献をあげておく.

  2. (日) 桑原真人『近代北海道研究序説』北大図書刊行会,石川友紀『日本移民の地理学的研究』榕樹社,児玉正昭『日本移民史研究序説』渓水社,アラン·T·モリヤマ『日米移民史学』PMC出版,早瀬晋三『「ベンゲット移民」の虚像と実像』同文舘,蘭 信三『満州移民の歴史社会学』行路社ほか

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 平井 松午
    オフィスアワー 任意

    (日) オフィスアワーは授業時間の前後,研究室電話番号 088-656-7159,E-mail: hirai@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意