徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/経営学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
129544
EOID
580288
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 15:48:32
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (日) 経営学特論 / (読) けいえいがくとくろん
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 出口 竜也
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 今年度は,現代経営学における主要トピックの一つであるモティベーション(動機付け)理論について学習する.グローバルな企業間競争の激化や産業の成熟化は,多くの企業に事業の見直しを迫っている.こうした動向は働く人々に業務内容の変更や配置転換,さらには転職などのキャリア·チェンジの必要性をもらたすものとなり,モティベーション理論の重要性はますます大きくなっている.この授業は,こうした状況に鑑み,この分野の代表的研究者であるデイヴィッド·C·マクレランドの文献を輪読することでとで,経営学におけるモティベーション理論の位置づけと,今後望まれる研究の方向性についての理解を深めることを主たる目的とするものである.

概要 必須

(日) モティベーション(動機付け)理論について演習方式で学習する.

キーワード 推奨
  1. (日) モティベーション
  2. (日) 達成動機
  3. (日) パワー動機
  4. (日) 親和動機
  5. (日) 回避動機
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) おおむね,1章を2∼3回ずつかけて読み進めていく.前半の1回であらかじめ指名された報告者がまとめたレジュメをもとに報告し,それをうけて後半の1回を使って報告者が問題提起をし受講生全員で議論する.受講者には輪番による報告,および議論への積極的な参加を求めるので留意すること.経営組織論,およびモティベーション理論に関する予備知識は不要であるが,受講にあたっての予習·復習には十分な時間をかけること.

目標 必須
  1. (日) 経営学におけるモティベーション理論の位置づけについて幅広く学習し,企業の人事管理についてさまざまな角度から分析できるような能力を習得する.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 経営学の対象と方法

  3. (日) モティベーション(動機付け)理論とは?

  4. (日) 文献輪読(1)-人間の動機傾向の測定 その1-

  5. (日) 文献輪読(2)-人間の動機傾向の測定 その2-

  6. (日) 文献輪読(3)-達成動機 その1-

  7. (日) 文献輪読(4)-達成動機 その2-

  8. (日) 文献輪読(5)-パワー·ニーズ その1-

  9. (日) 文献輪読(6)-パワー·ニーズ その2-

  10. (日) 文献輪読(7)-親和動機 その1-

  11. (日) 文献輪読(8)-親和動機 その2-

  12. (日) 文献輪読(9)-回避動機 その1-

  13. (日) 文献輪読(10)-回避動機 その2-

  14. (日) 文献輪読(11)-総合ディスカッション-

  15. (日) レポートの提出要領と書き方について

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 授業への参加状況,報告,レポートの水準などにより総合的に評価する.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) デイヴィッド·C·マクレランド『モティベーション』生産性出版,2005年

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 出口 竜也
    オフィスアワー 任意

    (日) オフィスアワー:毎週水曜日12時∼13時(事前にアポイントを取って下さい),研究室:経営学研究室(総合科学部1号館中棟2階),Eメールアドレス:deguchi@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意