徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/経済社会理論特論/経済社会理論の諸類型

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
129529
EOID
581799
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 18:04:34
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (日) 経済社会理論特論 / (読) けいざいしゃかいりろんとくろん
題目 不用 (日) 経済社会理論の諸類型
形態 不用
  1. 演習
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 吉田 浩
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 私は昨年『ウェーバーとヘーゲル,マルクス』(文理閣)という本を出版した.この本で私は,非弁証法的立場にたつウェーバーには,その経済社会理論にいかなる問題が生じてき,この問題は弁証法に立脚するヘーゲルとマルクスとではどのように解決されるかを明らかとしておいた.私の著作を通して,近代資本主義経済という同一の事態を対象とするとしても,いかなる類型の経済社会理論が存在しているのか,それらの差異はなにゆえに生じてきて,どちらの類型の理論が正しいのかを検討していきたい.

概要 必須

(日) 以上の目的を私の著作に登場するヘーゲル,マルクス,ウェーバー,ルカーチ,シュムペーター,見田石介の理論を比較·対照させつつ実現していきたい.

キーワード 推奨
  1. (日) 弁証法
  2. (日) 理解社会学
  3. (日) 鋼鉄の檻
  4. (日) 実体の主体化
  5. (日) カリスマ
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 経済理論特論([2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]])
    関連度 任意 1.000000
  2. 経済理論特論演習([2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]])
    関連度 任意 1.000000
注意 任意

(日) ヘーゲル,マルクス,ウェーバー,ルカーチ,シュムペーター,見田石介は巨匠級の研究者であるので,学ぶ意欲を高くしてほしい.

目標 必須
  1. (日) 資本主義経済を対象する様々の経済社会理論に対して,その妥当性と共に,一面的な限界をも明らかとしていく.

計画 必須
  1. (日) M·ウェーバーによるヘーゲル批判の特質とその問題点

  2. (日) 同上

  3. (日) 同上

  4. (日) M·ウェーバーのマルクス批判の特質と史的唯物論による経済把握の独自性

  5. (日) 同上

  6. (日) 同上

  7. (日) 同上

  8. (日) 因果法則批判の二帰結ーM·ウェーバーとヘーゲル,マルクスの見解を手がかりとして-

  9. (日) 同上

  10. (日) 同上

  11. (日) 理念型と弁証法的一般概念

  12. (日) 同上

  13. (日) 同上

  14. (日) ウェーバーとヘーゲル,マルクスに対する総括

  15. (日) 同上

  16. (日) 試験

評価 必須

(日) 毎回の授業における努力の積み重ねで評価していく

再評価 必須

(日) 有

対象学生 不用

(日) 1,2年生

教科書 必須
  1. (日) 吉田浩著『ウェーバーとヘーゲル,マルクス』,文理閣

参考資料 推奨
  1. (日) 授業中に適宜紹介をしていく

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 吉田 浩
    オフィスアワー 任意
  2. (日) 木曜日18時∼19時30分の講義時間
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意