徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/物質科学の基礎II

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
129147
EOID
575164
Map
0
LastModified
2011年4月8日(金) 15:45:33
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (日) 物質科学の基礎II / (読) ぶっしつかがくのきそ
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 小山 晋之
    肩書 任意
  2. 伏見 賢一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 20世紀になって物理学は大きな進歩を遂げ,まさに20世紀は「物理の世紀」と呼んでも過言ではない世紀となった.現在身の周りにある多くの先端技術を利用した装置は物理学の発展に伴って急速に進歩を遂げつつある.この講義では現代物理学を学習することによってさまざまな先端技術の背景を理解することを目的とする.従って,この講義は,物質·環境コースへ進む学生だけでなく,他のコースへ進む学生にも重要な知識となるように用意されている.講義内容は前期の物質科学の基礎Iで学習した知識をもとに,現代物理学の基礎的な項目を解説する.

概要 必須

(日) 自然科学の基礎としての現代物理学の理解

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 物質科学の基礎I([2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 物質科学基礎実験I([2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 講義のほか,例題などを提示し,また各自が演習問題等を行って理解を深める.但し,丁寧に解説するとは言っても,何も考えずにフラっと教室にやってきて,講義終了後も何もしないということであれば,どのような大学の科目も理解出来るはずがない.講義中に疑問があれば質問したり,予習·復習するなどの積極的な学習態度が望まれる.

目標 必須
  1. (日) 波動について正しい理解をする.屈折の法則について深く理解し,計算することができる.

  2. (日) 量子数と周期律表について正しく理解する.

  3. (日) 時間と空間の概念について正しい理解をする.同時の相対性,ローレンツ変換について正しく理解し,計算することができる.物質波の概念を理解する.ハイゼンベルグの不確定性原理を正しく説明することができる.

計画 必須
  1. (日) 授業の進め方と成績評価について

  2. (日) 相対性理論入門:空間座標,座標の変換,運動の法則

  3. (日) 相対性理論入門:ガリレイの相対性,マイケルソン·モーレーの実験

  4. (日) 相対性理論入門:光速度不変の原理,ローレンツ変換,時間の遅れ,長さの短縮など

  5. (日) 量子論入門:光の性質

  6. (日) 量子論入門:光電効果,光量子

  7. (日) 量子論入門:物質波,ボーアの原子論

  8. (日) 量子論入門:ハイゼンベルクの不確定性関係

  9. (日) 波動(1):波とは∼単振動について,1次元の波,波動方程式

  10. (日) 波動(2):1次元の波,波動方程式

  11. (日) 波動(3):波動方程式,ホイヘンスの原理による屈折の法則の導出

  12. (日) 波動(4):フェルマーの原理による屈折の法則の導出,光と電磁波

  13. (日) 周期律(1):量子数と電子配置

  14. (日) 周期律(2):エネルギー準位,作って学ぶ元素の立体周期律表

  15. (日) 学期末テスト

  16. (日) 総括授業:学期末テストの解説など

評価 必須

(日) 学期末試験(持ち込み不可)だけでなく,数回行う小テスト(持ち込み不可)の結果も総合して判定する.

再評価 必須

(日) 希望があれば行う.

教科書 必須
  1. (日) 参考書:嶋村 修二·萩原 千聡 著「基礎物理学-波動·光·熱-」(朝倉書店)

  2. (日) 参考書:飯島徹穂他著「アビリティ物理 量子論と相対論」(共立出版)

  3. (日) 参考書:遠藤敏郎著「経験と感覚の数式化-科学の基本-」(学術図書出版社)

  4. (日) その他関連する参考書については,講義中に適宜紹介する予定.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 小山 晋之
    オフィスアワー 任意

    (日) 火,木曜日の12時00分∼13時00分(これ以外に随時,教官室に居ればできるだけ対応します)

  2. 伏見 賢一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日を除く11時50分∼12時50分,金曜日3·4校時

科目コード 推奨
備考 任意