徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/産業心理学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
129072
EOID
577471
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 03:30:24
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (日) 産業心理学 / (読) さんぎょうしんりがく
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]
  2. 2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 坂野 信義
    肩書 任意
  2. 石田 弓
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 本授業の目的は,通信情報革命の中で産業,社会構造の大変革が進展し,過去の行動パターンだけでは,我々を取り巻く環境変化に対応できない現実を認識し,国際化,高齢化,情報化,生涯学習社会に対応できる人間行動を理解し,経営組織を活性化しうる新しい人間行動モデル創造のbaseを提供するものである.従って,本授業は心理学をメインに経営学,社会学,教育学,哲学,未来学など学際的でダイナミックなプログラムを提供し,メガ·コンペティション·エイジに活躍できる経営管理センスを有する国際ビジネスマンの育成をねらいとしている.

概要 必須

(日) 未来の国際ビジネスマンを育成するTheory and Practice

キーワード 推奨
  1. (日) 組織心理学
  2. (日) モラール·モチベーション
  3. (日) リーダーシップ·マネージメントスキル
  4. (日) 産業カウンセリング
  5. (日) ストレス対処法
先行科目 推奨
  1. 臨床心理学([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
  2. 社会心理学([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
  3. ストレス心理学([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 学習心理学([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 1.000000
  2. 福祉心理学([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 1.000000
  3. 精神医学([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 1.000000
注意 任意

(日) 隔年開講,two-way communicationの講義スタイルを採用.学生の能動的授業態度を希望する.

目標 必須
  1. (日) 未来の国際ビジネスマンとして,以下の基本的管理者能力を理解·修得:参画型組織論,状況呼応型リーダーシップ,発想法·問題解決能力,ライフワーク·ステージの設定,ストレス対処法

計画 必須
  1. (日) 1.未来学:21∼22c,4シナリオ人間,地球の運命は

  2. (日) 2.産業·組織心理学とは:歴史と定義

  3. (日) 3.新しい組織と経営

  4. (日) (1)組織論と企業組織の特徴 (4)コミュニケーション

  5. (日) (2)モラール·モーチベーション (5)21cの経営·管理者像

  6. (日) (3)リーダーシップ·マネージメントスキル

  7. (日) 4.能力開発と人材育成

  8. (日) (1)ライフワークと職業適性:人生60年計画表

  9. (日) (2)能力開発と社員研修

  10. (日) (3)創造性と発想法(KJ法,NM法,IC法)

  11. (日) (4)組織開発実践ゲーム

  12. (日) 5.ストレスと産業カウンセリング

  13. (日) (1)ストレスとは

  14. (日) (2)自己分析と交流分析

  15. (日) (3)ストレス対処法(自律神経訓練法など)

  16. (日) 6.まとめ

評価 必須

(日) レポート

再評価 必須

(日) なし

対象学生 不用 他学科学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 岡村一成編著「産業·組織心理学」福村出版

  2. (日) プリント教材

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 坂野 信義
    オフィスアワー 任意

    (日) なし

  2. 石田 弓
    オフィスアワー 任意

    (日) なし

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 隔年開講(平成18年度開講)