徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/ボランタリー組織論II

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
128899
EOID
573572
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 18:50:57
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (日) ボランタリー組織論II / (読) ボランタリーそしきろん
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]
  2. 2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 仁平 典宏(立正大学)
    肩書 任意
  2. 樋口 直人
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) ポスト福祉国家と呼ばれる現在の社会状況の中で,ボランタリー組織がどのような役割を果たしていくのか,多角的に考えていくことを目的とする.特に,ボランタリー組織を取り巻く日本の制度や社会構造の特徴を検討しながら,現在のボランティア活動やNPO/NGOが抱える課題を明らかにし,「他者」を支える上で必要な条件について,理論的かつ実践的に考えていきたい.

概要 必須
キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) ボランタリー組織について,理論的に考えたい人にとっても,より実践的な課題について勉強したい人にとっても,有意味な講義にしていきたいと考えている.ただ,NPOの実際の運営や立ち上げのノウハウ等については,この講義では扱わないので注意してほしい.

目標 必須
計画 必須
  1. (日) 1. ボランタリー組織論が見た夢

  2. (日) (1) 近代社会の悪夢?──資本主義·全般的官僚制·パノプティコン

  3. (日) (2) 「解放の理論」としてのボランタリー組織論

  4. (日) (3) 「解放の理論」の射程──ネオリベラリズムという新たな問題

  5. (日) 2. ポスト福祉国家と参加型市民社会

  6. (日) (1) 相互排除パラダイム

  7. (日) (2) 新たな統治か新しい社会運動か

  8. (日) (3) ネオリベラリズムとの共振を超える条件の考察

  9. (日) 3. 日本における参加型市民社会の諸特徴

  10. (日) (1) 地域組織と都市型アソシエーション─―「ボランティア」とは誰か

  11. (日) (2) ボランティア政策とNPO法

  12. (日) (3) NPOの社会的性格と資源調達構造に関する日本的特徴

  13. (日) 4. ボランタリー組織を巡る現在的問題

  14. (日) (1) 営利と非営利

  15. (日) (2) 専門性とボランティア

  16. (日) (3) 社会的信用と評価

  17. (日) 5. NPOは「社会問題」にどう取り組んでいるのか─―ホームレス問題を事例に

  18. (日) (1) 福祉制度の問題点とホームレス

  19. (日) (2) NPO·運動·行政·当事者 ―対立と連携

  20. (日) (3) 達成と課題

  21. (日) 6. まとめ

  22. (日) (1) 「他者」を支えるための条件

  23. (日) (2) グローバル化の中のボランタリー組織

評価 必須

(日) 出席,授業時の小レポートと最終レポートによる

再評価 必須

(日) 行わない

教科書 必須
  1. (日) 以下にあげる文献は参考文献であり,授業に臨むにあたって準備すべき必読文献というわけではない.毎回の授業でレジュメを配布し,そこで関連する文献を示す.

  2. (日) 田畑稔·大藪龍介·白川真澄·松田博編著『アソシエーション革命へ【理論·構想·実践】』社会評論社,2003年,2800円

  3. (日) コリン·コバヤシ編『市民のアソシエーション フランスNPO法100年』太田出版,2003年,2500円

  4. (日) 初谷勇『NPO政策の理論と展開』大阪大学出版会,2001年,6200円

  5. (日) 渋谷望『魂の労働 ネオリベラリズムの権力論』青土社,2003年,2200円(ネオリベラリズム批判の立場から,参加型市民社会の議論を批判したもの)

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 仁平典宏
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 今年度開講せず