徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/学びの技

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
128003
EOID
387392
Map
[2006/学びの技]
LastModified
2007年12月29日(土) 16:04:56
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Skills for Self-Learning / (日) 学びの技 / (読) まなびのわざ
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 水口 裕之
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 山中 英生([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  3. 鎌田 磨人([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
単位 必須 1
目的 必須

(日) 大学における専門科目の履修に必要な基礎的な学習スキルを理解するとともに,自ら実践できる基礎的能力を身につける.

概要 必須

(日) 本講は以下の3 内容で構成される.(1) 学習を支援するための図書·行政資料·インターネット資料などの利活用方法について講述と体験学習を行う.(2) 地域フィールド情報を調査·分析·整理するための方法を説明し,基礎的能力を養成する体験学習を行う. (3) 整理した資料を適切に文章化し,レポーティングする方法について説明し,その基礎力を養う体験学習を実施する.

キーワード 推奨
  1. (日) 資料調査法
  2. (日) フィールド調査法
  3. (日) 図書館·Web利用法
  4. (日) レポート作成法
先行科目 推奨
  1. 大学入門講座/大学入門講座(工·建設)(夜)([2005/[徳島大学]/大学入門科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) なし

注意 任意

(日) 全学共通科目「大学入門講座」に引き続いての学習となる.

目標 必須
  1. (日) 整理情報を文章化しレポーティングする方法について基礎的能力を習得する.(7∼8回)

  2. (日) 地域フィールド情報を調査·分析·整理するための方法について基礎的能力を習得する.(4∼6回)

  3. (日) 図書·行政資料·インターネット資料などの利活用方法について基礎的能力を習得する.(2∼3回)

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) レポーティング(1):レポートの書き方基礎

  3. (日) レポーティング(2):レポートの書き方学習 演習レポート

  4. (日) フィールドスタディ(1): 現地踏査の方法

  5. (日) フィールドスタディ(2): 現地踏査

  6. (日) フィールドスタディ(3): フィールド情報のまとめ方 演習レポート

  7. (日) 資料収集学習:資料収集とその整理方法 ―図書·行政資料―

  8. (日) 資料収集学習:資料収集とその整理方法 ―インターネット- 演習レポート

評価 必須

(日) 到達目標1,2,3の達成度はそれぞれ演習レポート評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.すべての到達目標をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1∼3の評点の重みをそれぞれ30%,40%,30%として算出する.

JABEE合格 不用

(日) 成績評価と同一である.

JABEE関連 不用

(日) 本科目は本学科の教育目標 2(3)に30%,4(1)に40%,5(3)に30%それぞれ対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 必要に応じて講義時にプリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 徳島大学工学部:「学びの技」はじめの一歩.

  2. (日) 江下雅之:レポートの作り方,中公新書(No.1718).

  3. (日) 木下是雄 :理科系の作文技術,中公新書 (No.624).

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/N0011
連絡先 推奨
  1. 水口 裕之
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日 11:00∼12:30,17:00∼18:00

  2. 山中 英生([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    オフィスアワー 任意
  3. 鎌田 磨人([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です