徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 村上 綾/中江 崇/[宇都 義浩]/[永澤 秀子]/[堀 均]/N-アセチルガラクトサミン基を有する低酸素細胞放射線増感剤TX-2068およびアナログによるマクロファージの活性化能について/第9回バイオ治療法研究会学術集会

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
127983
EOID
249911
Map
0
LastModified
2005年12月14日(水) 19:04:53
Operator
宇都 義浩
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. (日) 村上 綾
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《村上 綾 () @ 工学部 [学部学生] 2001年4月〜2005年3月》
    《村上 綾 (Murakami Aya) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    《村上 綾梨 () @ 医療技術短期大学部 [学科生] 1998年4月〜2001年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (日) 中江 崇
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中江 崇 () @ 工学部 [学部学生] 2001年4月〜2005年3月》
    《中江 崇 (Nakae Takashi) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 永澤 秀子(岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 堀 均
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) N-アセチルガラクトサミン基を有する低酸素細胞放射線増感剤TX-2068およびアナログによるマクロファージの活性化能について

副題 任意
要約 任意

(日) ヒト固形腫瘍中に存在する低酸素がん細胞は一般的な癌治療法である放射線や抗がん剤に対する感受性が低く,血管新生や湿潤·転移などがん細胞特性に深く関わっていることが明らかになってきている.マクロファージはがん細胞,低酸素領域に顕著に集積することが知られている.このような現象に注目して,低酸素指向性マクロファージを薬剤キャリアーとして利用する目的で低酸素細胞放射線増感剤TX-1877とマクロファージ結合能をもつN-アセチルガラクトサミンを1-β型で結合させたTX-2068を分子設計した.すでにEMT6/KU細胞に対する低酸素細胞放射線増感実験の結果から,TX-2068のERはTX-1877(ER=1.75, 1 mM)より高い増感活性を有することが分かっている.(ER=1.88, 1 mM)しかし,TX-2068 のマクロファージ活性化能および認識能については不明である.そこで我々はまずTX-2068のマクロファージ活性化能について検討した.また,糖鎖部位をグルコサミンに変えたアナログ(TX-2068(Glu)と記す)についても同様の検討を行い,糖鎖とマクロファージ活性化能との相関についても検討した. TX-2068の貪食活性試験の結果,1 mMまで濃度依存的に活性が増加し,5 mMで抑制が見られた.この挙動は免疫反応で一般的に見られるベルシャープ型の活性であり,TX-2068がマクロファージを活性化することを示唆している.次にMTT Assayから,TX-2068はマクロファージに対し5 mMまで細胞毒性を示さないことがわかった.以上の結果より,TX-2068は細胞毒性を示すことなくマクロファージを活性化することが明らかになった.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (日) 第9回バイオ治療法研究会学術集会
ISSN 任意
必須
必須
必須
都市 必須 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2005年 12月 3日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意