徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Liu Xiangli/[田中 秀治]/[山内 あい子]/Testa Bernard/[中馬 寛]/Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography: Influence of 1-octanol in the mobile phase/[Journal of Chromatography. A]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
126868
EOID
889010
Map
0
LastModified
2018年2月22日(木) 15:04:52
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田畑 良
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体情報薬科学部門.分子情報薬学講座(2004年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体情報薬科学部門.薬物情報解析学講座(2004年4月1日〜2015年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Liu Xiangli
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 田中 秀治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学]/徳島大学薬学部創製薬科学科分析科学研究室/徳島大学大学院薬科学教育部分析科学分野)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 山内 あい子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Testa Bernard
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 中馬 寛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography: Influence of 1-octanol in the mobile phase

副題 任意
要約 任意

(英) Lipophilicity was evaluated using a novel RP-HPLC stationary phase (Discovery-RP-Amide-C16) with and without 1-octanol added to the mobile phase. A set of 46 drugs and flavonoids characterized by a broad structural diversity and a wide log Poct range (-0.69 to 5.70) was selected for this study. This set consists of neutral solutes and solutes with acidic or ampholytic functionalities which were maintained neutral at pH 2.5 or 4. In our conditions, the addition of 1-octanol in the mobile phase proved a key factor to derive a lipophilicity index log k(w) highly correlated with log Poct for all investigated solutes. 1-Octanol improved the correlation between log Poct and log k(w) mainly by influencing the retention behavior of the solutes with log Poct values below +3. This study brings additional evidence that under proper experimental conditions of stationary and mobile phases, RP-HPLC is a very useful method to obtain log Poct values.

キーワード 推奨
  1. (英) Lipophilicity
  2. (英) log Poct
  3. (英) log kw
  4. (英) Mobile phase
  5. (英) Stationary phase
  6. (英) 1-Octanol
  7. (英) LC
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Chromatography. A([Elsevier])
(pISSN: 0021-9673, eISSN: 1873-3778)
ISSN 任意 0021-9673
ISSN: 0021-9673 (pISSN: 0021-9673, eISSN: 1873-3778)
Title: Journal of chromatography. A
Title(ISO): J Chromatogr A
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 1091
必須 1-2
必須 51 59
都市 任意
年月日 必須 2005年 10月 14日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.chroma.2005.07.029    (→Scopusで検索)
PMID 任意 16395792    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, Shomachi, Tokushima 770-8505, Japan. xliliu@yahoo.com

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't