徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/光化学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125842
EOID
386996
Map
0
LastModified
2007年12月29日(土) 15:38:15
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Photochemistry / (日) 光化学 / (読) ひかりかがく
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 田中 均
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 有史以来我々の生活を支えてきた光合成,生物発光はもとより,近年進展の著しい機能性光学材料などを分子論的に理解することは,エネルギー·環境問題,光機能素子の開発等に関連して重要である.本講義では,光と物質との関わりの基礎を分子論的に学ぶ.

概要 必須

(日) 本講義では,光と物質との関わりについて,特に光化学過程,光物理過程,光生物学,光化学反応などの基礎を分子論的に易しく講述する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 基礎化学/基礎化学i·化学結合論([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
  2. 分子工学([2006/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 高校の化学の教科書の復習,ならびに「基礎化学」「分子工学」を履修していることが望ましい.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 光と物質との相互作用を分子論的に説明できる.

  2. (日) 光化学反応の実際を知り,その過程を解析できる.

計画 必須
  1. (日) 身の回りの光化学現象.予備知識調べ

  2. (日) 光とは何か?

  3. (日) 分子の電子状態

  4. (日) 電子励起状態.小テスト1(到達目標1の試験)

  5. (日) 分子と光との相互作用(1)

  6. (日) 分子と光との相互作用(2)

  7. (日) 光化学における時間スケール.小テスト2(到達目標1の試験)

  8. (日) 光化学反応機構(1)

  9. (日) 光化学反応機構(2)

  10. (日) 光化学反応機構(3)

  11. (日) 光照射,光化学の観測と解析,素過程(1)

  12. (日) 光照射,光化学の観測と解析,素過程(2)

  13. (日) 光化学反応の例(1)

  14. (日) 光化学反応の例(2)

  15. (日) 光化学反応の例(3)

  16. (日) 期末試験(到達目標2の試験)

評価 必須

(日) 単位の取得は,期末試験40%,小テスト(20% X 2回=40%),講義への取り組み状況20%として評価し,全体で60%以上で合格とする.

JABEE合格 任意

(日) 単位合格と同一

JABEE関連 任意

(日) 光応用工学科の教育目標Bに該当

対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) 井上晴夫他著「光化学 I」丸善

参考資料 推奨
  1. (日) N.J.Turro著「Modern Molecular Photochemistry」Uni.Sci.Books

  2. (日) 雀部博之編著「有機フォトニクス」アグネ承風社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 田中 均 TEL&FAX:088-656-9420,E-mail: tanaka@opt.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) オフィスアワー:随時