徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [増田 精造]/Kitamura Yasuhito/[南川 慶二]/[田中 正己]/Polymerizable tautomers --- 13. Synthesis and polymerization of a novel unsaturated tautomer, p-isopropenyl benzoylacetone/Designed Monomers and Polymers

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
12571
EOID
219927
Map
0
LastModified
2005年3月18日(金) 13:29:42
Operator
南川 慶二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
南川 慶二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
著者 必須
  1. 増田 精造
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kitamura Yasuhito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 田中 正己([徳島文理大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Polymerizable tautomers --- 13. Synthesis and polymerization of a novel unsaturated tautomer, p-isopropenyl benzoylacetone

副題 任意
要約 任意

(日) 新規互変異性不飽和化合物であるp-イソプロピルベンゾイルアセトンをp-ジクロロベンゼンを出発原料として合成し,その互変異性に及ぼす溶媒効果を検討した.互変異性平行定数の回帰分析から,平衡は主に溶媒の極性と水素結合供与力に依存することが分かった.また,互変異性モノマーとしてのIPBAの重合についての基礎的検討を行った.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Designed Monomers and Polymers
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[雑誌] Designed Monomers & Polymers (Informa UK (Taylor & Francis))
ISSN 任意
必須 3
必須 1
必須 25 34
都市 任意
年月日 必須 2000年 1月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意