徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/医用工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125709
EOID
386599
Map
0
LastModified
2007年12月29日(土) 15:18:18
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Medical Technology / (日) 医用工学 / (読) いようこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 木内 陽介
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 末田 統
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  3. 伊藤 照明
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
  4. 高木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース.機械科学講座]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座]/[徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
  5. 福見 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
  6. 安澤 幹人([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
  7. 山下 菊治
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 医用工学の最近の動向を知り,ナノテクノロジーやインフォメーションテクノロジーにおける生物工学の応用と社会への貢献について理解する.

概要 必須

(日) 生物工学と電気工学,機械工学,福祉工学,情報工学,化学工学,材料化学との融合領域における最近の進歩,将来へ向けての問題点について解説する.

キーワード 推奨
  1. (日) バーチャルマニュファクチャリング
  2. (日) 生体電気特性
  3. (日) エコマテリアル
  4. (日) バイオセンサー
  5. (日) 再生医学
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 特になし.

注意 任意

(日) 特になし.

目標 必須
  1. (日) 最近の医用工学の進歩と生物工学の役割について理解する.

  2. (日) 医療,福祉における生物工学の問題点について理解する.

計画 必須
  1. (日) 身の周りの電磁界とその生体影響

  2. (日) バーチャルマニュファクチュアリングに関する基礎技術

  3. (日) バーチャルマニュファクチュアリングによる医用インプラントの設計と製造

  4. (日) 生体電気特性とその医学診断応用

  5. (日) 生体生理逆問題解析とその臨床応用

  6. (日) 身体に障害のある方々の人権と支援

  7. (日) 環境に優しいグリーンコンポジットの生物応用

  8. (日) エコマテリアルの医学的応用

  9. (日) 生物型情報処理方式による生体情報処理

  10. (日) 進化·適応システムの医用画像処理

  11. (日) バイオセンサの医学的応用:血糖値センサ(インビトロ測定,インビボ測定),検査薬(妊娠検査,排卵日検査等)

  12. (日) 再生医学のための培養装置

  13. (日) 細胞外マトリックスの医用工学的応用

  14. (日) レポート(到達目標1の一部評価)

  15. (日) レポート(到達目標2の一部評価)

  16. (日) 期末試験(到達目標全ての一部評価)

評価 必須

(日) 出席率80%以上で,到達目標2項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.達成度はレポート(50%),期末試験(50%)で評価する(出席点は加えない).

JABEE合格 任意

(日) 成績評価と同じ.

JABEE関連 任意

(日) 本学科教育目標(A),(C),(D)に対応する.

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 受講者に講義資料を配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 特に指定しない.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 生物事務室(M棟703)
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 原則として再試験は実施しない.