徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/資源循環工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125377
EOID
386776
Map
0
LastModified
2007年12月29日(土) 15:26:38
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Resources Circulatory Engineering / (日) 資源循環工学 / (読) しげんじゅんかんこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 上月 康則(徳島大学.環境防災研究センター.教授)
    肩書 任意
  2. 村上 仁士
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 都市-自然環境の水資源について,質的な変化,量的な循環について学び,水質上の問題の防止,解決技術や施策について理解する.

概要 必須

(日) (1)健全な水循環の仕組み,水質汚濁のメカニズムについて,ビデオ教材も交えて講義する(3,4,5,6回).(2)健全な水循環を支える技術について解説する(8,9,12,13,14回).(3)環境施策について疑問点を見いだし,調べる(1,2,7,10回).

キーワード 推奨
  1. (英) water environment / (日) 水環境 / (読) みずかんきょう
  2. (英) water quality / (日) 水質 / (読) すいしつ
  3. (英) water supply / (日) 上水道 / (読) じょうすいどう
  4. (英) sewerage / (日) 下水道 / (読) げすいどう
  5. (英) aquatic ecosystem / (日) 生態系 / (読) せいたいけい
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 沿岸生態系 (ecosystem in coastal zone)
    [キーワード] 生態系 (ecosystem)
    [キーワード] 生態系管理 (ecosystem management)
    [キーワード] 干潟生態系 (ecosystem on tidal flat)
先行科目 推奨
  1. 環境を考える([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
  2. 生態系の保全([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 環境計画学([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]])
    関連度 任意
要件 任意

(日) なし

注意 任意

(日) なし

目標 必須
  1. (日) 社会活動に伴う水質汚濁のメカニズムについて理解している.(授業計画1-7回,10回,14回)

  2. (日) 浄水,下水処理の仕組みについて理解している.(授業計画8,9,12,13,15回および定期試験)

計画 必須
  1. (日) ガイダンス,グループ学習の課題について(復習レポート1)

  2. (日) グループ学習の課題設定:(復習レポート2)

  3. (日) 水質指標(1):(復習レポート3)

  4. (日) 水質指標(2)(復習レポート4)

  5. (日) 有機物による汚濁(復習レポート5)

  6. (日) 富栄養化(復習レポート6)

  7. (日) 中間発表(復習レポート7)

  8. (日) 下水道(1)(復習レポート8)

  9. (日) 下水道(2)(復習レポート9)

  10. (日) グループ発表(復習レポート10)

  11. (日) 中間試験(復習レポート11)

  12. (日) 上水道(1)(復習レポート12)

  13. (日) 上水道(2)(復習レポート13)

  14. (日) 水環境保全,修復技術

  15. (日) 質問·総括

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 到達目標1,2の達成度はレポートの評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.それぞれの到達目標をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1,2の評点の重みをそれぞれ50%,50%として算出する.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) 本科目は本学科の教育目標の1(2)に65%,3(3)に35%対応する.

対象学生 任意

(日) 他学科,他学部学生も履修可能.

教科書 必須
  1. (日) 住友恒·村上仁士·伊藤禎彦「環境工学」理工図書.

参考資料 推奨
  1. (日) 環境白書

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0046
連絡先 推奨
  1. 上月 康則(徳島大学.環境防災研究センター.教授)
    オフィスアワー 任意
  2. 村上 仁士
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 止む無く欠席する場合は,事前に上月教員まで必ず連絡すること.