徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/卒業研究

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125346
EOID
386886
Map
0
LastModified
2007年12月29日(土) 15:32:43
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Undergraduate Research Work / (日) 卒業研究 / (読) そつぎょうけんきゅう
形態 不用
  1. ポートフォーリオ
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 徳島大学.工学部.建設工学科.建設工学科教員
    肩書 任意
単位 必須 8
目的 必須

(日) 研究テーマを設定し,それを解明するための研究計画の立案,研究の実施,成果のとりまとめを指導教員のもとで遂行することによって,未知の問題解決能力を養う.また,その成果を口頭発表することで,プレゼンテーション能力の育成を図る.

概要 必須

(日) 各学生は,建設工学科ならびにエコシステム工学専攻の建設系研究室のいずれかの研究室に所属し,教員の直接指導のもとで,各自のテーマで研究し,その成果を卒業論文にまとめるとともに,口頭で発表する.なお,研究テーマは,研究室配属後,指導教員との討議によって決定する.

キーワード 推奨
  1. (日) 研究
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 英語語法研究 (English grammar and usage)
    [キーワード] 研究 (research)
    [キーワード] 研究開発 (research and development)
    [キーワード] 研究開発政策 (research and development policy)
  2. (日) 卒業論文
  3. (日) 口頭発表
先行科目 推奨
  1. 建設基礎セミナー([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
  2. プロジェクト演習([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
  3. 建造物デザイン演習([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
  4. 建造物デザイン実験実習([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
  5. 地域環境マネジメント演習([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
  6. 地域環境マネジメント実習([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 4年次研究室配属学生の内,次の科目の単位を修得している者のみ履修可. 建設基礎セミナー ,キャリアプラン演習,プロジェクト演習(以上全員),建造物デザイン演習(建造物デザインスタディーズ選択者のみ),建造物デザイン実験実習(建造物デザインスタディーズ選択者のみ), 地域環境マネジメント演習(地域環境マネジメントスタディーズ選択者のみ),地域環境マネジメント実習(地域環境マネジメントスタディーズ選択者のみ)

注意 任意

(日) 研究室教員の指導に従うこと

目標 必須
  1. (日) 各自の設定した研究テーマに対して,適切な研究計画を立案し,それに従って研究を遂行し,その結果を論文としてまとめることができるとともに,その成果を口頭で発表できる.

計画 必須
  1. (日) 研究室教員の指導に従うこと

評価 必須

(日) 卒業論文最終提出時までに所定の時間数以上を論文作成のための学習時間として費やしていることを条件とするとともに(学習時間数等記録簿により確認する),到達目標の達成度を2名の教員による論文内容評価および教員·学生による発表会評価の割合を3:1として算出した評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件ならびに本科目の合格条件とする.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) 本学科の学習·教育目標の2(1)∼(3)に各10%,3(4)に20%,4(1)∼(2)および5(1)∼(3)に各々10%対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 指導教員より適宜指示する.

参考資料 推奨
  1. (日) 指導教員より適宜指示する.

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0018
連絡先 推奨
  1. 水口 裕之
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 建設基礎セミナー ,キャリアプラン演習,プロジェクト演習(以上全員),建造物デザイン演習(建造物デザインスタディーズ選択者のみ),建造物デザイン実験実習(建造物デザインスタディーズ選択者のみ), 地域環境マネジメント演習(地域環境マネジメントスタディーズ選択者のみ),地域環境マネジメント実習(地域環境マネジメントスタディーズ選択者のみ)の単位を修得していない場合,4年次に進級しても卒業研究の着手は出来ません.