徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/生物物理化学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125195
EOID
500850
Map
0
LastModified
2010年1月10日(日) 15:35:16
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Advanced Biophysical Chemistry / (日) 生物物理化学特論 / (読) せいぶつぶつりかがくとくろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 松木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
  2. 金品 昌志
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) Treatments of solutions containing biomolecules and analytical methods for interactions between biomolecular aggregates and physiologically active substances by means of the treatments are described.

(日) 生体分子の溶解した溶液の取り扱い方およびその取り扱いを用いた生体分子集合体と生理活性物質の間に働く相互作用の解析方法を講述する.

概要 必須

(英) The former part of this lecture describes solutions in which biomolecules reveal their actions from the macroscopic, microscopic and electrochemical viewpoints. The latter part deals with ligand partitioning into lipid bilayer membranes as examples of interactions between molecular aggregates formed by biomolecules and physiologically active substances. The molecular mechanisms of anesthesia until now are reviewed on the basis of the above subjects. Further industrial application of the interactions such as drug delivery systems is also explained. This lecture deals with industrial subjects.

(日) 本講義の前半部分では,生体分子が作用発現する場である溶液について巨視的,微視的および電気化学的側面について講述する.後半部分では,生体分子が形成する分子集合体と生理活性物質の間に働く相互作用として脂質二分子膜中へのリガンド分配を取り上げる.上述した内容を踏まえ,過去から現在までの麻酔作用の分子機構について解説する.さらに相互作用の工学的応用(ドラッグデリバリーシステムなど)についても述べる.本科目は,工業に関する科目である.

キーワード 推奨
  1. 溶液(solution)
  2. (英) molecular aggregate / (日) 分子集合体 / (読) ぶんししゅうごうたい
  3. (英) ligand / (日) リガンド / (読) りがんど
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 配位子場理論 (ligand field theory)
  4. 相互作用(interaction)
  5. (英) mechanism of anesthesia / (日) 麻酔機構 / (読) ますいきこう
先行科目 推奨
  1. 物理化学2([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
  2. 生物物理化学2([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 生体熱力学([2006/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]])
    関連度 任意 0.500000
要件 任意

(英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level physical chemistry and biophysical chemistry and related subjects.

(日) 学部教育における物理化学および生物物理化学を理解していること.

注意 任意
目標 必須
  1. (英) To understand the macroscopic, microscopic and electrochemical treatments of solutions.

    (日) 溶液の巨視的,微視的および電気化学的取り扱いを理解する.

  2. (英) To understand the partitioning modes of ligands into biomacromolecules and molecular mechanisms of anesthesia.

    (日) 生体高分子中へのリガンドの分配様式および麻酔分子機構を理解する.

計画 必須
  1. (英) Solution chemistry of bio-related substances (1) thermodynamics of solutions 1

    (日) 生体関連物質の溶液化学(1)溶液の熱力学1

  2. (英) Solution chemistry of bio-related substances (2) thermodynamics of solutions 2

    (日) 生体関連物質の溶液化学(2)溶液の熱力学2

  3. (英) Solution chemistry of bio-related substances (3) thermodynamics of solutions 3

    (日) 生体関連物質の溶液化学(3)溶液の熱力学3

  4. (英) Solution chemistry of bio-related substances (4) statistical thermodynamics of solutions 1

    (日) 生体関連物質の溶液化学(4)溶液の統計熱力学1

  5. (英) Solution chemistry of bio-related substances (5) statistical thermodynamics of solutions 2

    (日) 生体関連物質の溶液化学(5)溶液の統計熱力学2

  6. (英) Solution chemistry of bio-related substances (6) statistical thermodynamics of solutions 3

    (日) 生体関連物質の溶液化学(6)溶液の統計熱力学3

  7. (英) Solution chemistry of bio-related substances (7) electrochemistry of solutions 1

    (日) 生体関連物質の溶液化学(7)溶液の電気化学1

  8. (英) Solution chemistry of bio-related substances (8) electrochemistry of solutions 2

    (日) 生体関連物質の溶液化学(8)溶液の電気化学2

  9. (英) Interactions between biomacromolecules and physiologically active substances (1) ligand partitioning into lipid membranes 1

    (日) 生体高分子と生理活性物質の相互作用(1)脂質膜中へのリガンド分配1

  10. (英) Interactions between biomacromolecules and physiologically active substances (2) ligand partitioning into lipid membranes 2

    (日) 生体高分子と生理活性物質の相互作用(2)脂質膜中へのリガンド分配2

  11. (英) Interactions between biomacromolecules and physiologically active substances (3) effect of dissociation equilibrium of ligand

    (日) 生体高分子と生理活性物質の相互作用(3)リガンド解離平衡の影響

  12. (英) Interactions between biomacromolecules and physiologically active substances (4) mechanisms of anesthesia 1: introduction

    (日) 生体高分子と生理活性物質の相互作用(4)麻酔機構1:概論

  13. (英) Interactions between biomacromolecules and physiologically active substances (5) mechanisms of anesthesia 2: lipid membrane theories

    (日) 生体高分子と生理活性物質の相互作用(5)麻酔機構2:脂質膜説

  14. (英) Interactions between biomacromolecules and physiologically active substances (6) mechanisms of anesthesia 3: protein receptor theories

    (日) 生体高分子と生理活性物質の相互作用(6)麻酔機構3:タンパク説

  15. (英) Interactions between biomacromolecules and physiologically active substances (7) action mechanisms of local anesthetics

    (日) 生体高分子と生理活性物質の相互作用(7)局所麻酔薬の作用機構

  16. (英) Summary, inquiry and report preparations

    (日) 総括,質疑,レポート作成

評価 必須

(英) More than 80% percentage of attendance and reports (100%).

(日) 出席率80%以上で,課題レポート(100%)で評価する.

再評価 必須
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (英) To be distributed materials adequately in the class.

    (日) 授業中に適宜資料を配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 本村欣士著「溶液化学」朝倉書店

  2. (英) J. S. Rawlinson and F. L. Swinton "Liquids and Liquid Mixtures" Butterworths Scientific

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 松木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意