徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/生化学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125192
EOID
500996
Map
0
LastModified
2010年1月11日(月) 19:17:20
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Advanced Biochemistry / (日) 生化学特論 / (読) せいかがくとくろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 長浜 正巳
    肩書 任意
  2. 辻 明彦
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) This class introduces biological regulations by signal transduction in multicellular organisms.

(日) 多細胞生物における細胞間情報伝達による制御機構を分子レベルで理解させることを目的とする.

概要 必須

(英) Biological regulations involving enzymes, substrates, and other macromolecules are introduced. Molecular mechanisms of expression of biological activities are especially focused.

(日) 生化学的知見を基礎にして,生体高分子,酵素,基質を中心とした生体制御機構について講述する.特に,生物活性発現のメカニズムを中心に生命現象の理解を深めるために分子レベルの解説を行うとともに,その工学的応用,科学者倫理について理解する. 本科目は,工業に関する科目である.

キーワード 推奨
  1. 情報伝達(signal transduction/->キーワード[シグナル伝達])
  2. シグナル分子(signaling molecule)
  3. オルガネラ(organelle/->キーワード[細胞小器官])
先行科目 推奨
  1. 生化学1([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
  2. 細胞生物学([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 酵素学特論([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  2. 生体高分子化学特論([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]])
    関連度 任意
要件 任意

(英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level biochemistry.

(日) 学部教育における生化学を理解していること.

注意 任意
目標 必須
  1. (英) Understanding of regulatory mechanism of synthesis and secretion of signaling molecules.

    (日) 情報(シグナル)分子の合成·分泌の制御機構について理解する.

  2. (英) Understanding of signal transduction and its regulatory factors in cells.

    (日) 細胞内におけるシグナルの伝達と制御因子について理解する.

計画 必須
  1. (英) Cell structure and role of organelles

    (日) 細胞の種類,構造,オルガネラの役割

  2. (英) Experimental techniques for studies of regulation of signal transduction(1)

    (日) 情報伝達制御の研究に用いられる実験技術(1)

  3. (英) Experimental techniques for studies of regulation of signal transduction(2)

    (日) 情報伝達制御の研究に用いられる実験技術(2)

  4. (英) Synthesis of peptide signaling molecules

    (日) シグナル分子(タンパク質,ペプチド)の合成(翻訳)

  5. (英) Post-translational modifications of signaling molecules(1)Addition and processing of carbohydrate chains

    (日) シグナル分子の翻訳後修飾反応(1)糖鎖の付加とプロセシング

  6. (英) Post-translational modifications of signaling molecules(2)Processing of polypeptides

    (日) シグナル分子の翻訳後修飾反応(2)ポリペプチドのプロセシング

  7. (英) Post-translational modifications of signaling molecules(3)Processing proteases(1)

    (日) シグナル分子の翻訳後修飾反応(3)プロセシングプロテアーゼ(1)

  8. (英) Post-translational modifications of signaling molecules(3)Processing proteases(2)

    (日) シグナル分子の翻訳後修飾反応(3)プロセシングプロテアーゼ(2)

  9. (英) Regulation of secretion of signaling molecules

    (日) シグナル分子の分泌制御

  10. (英) Quality control of signaling molecules(1)

    (日) シグナル分子のクオリティーコントロール(1)

  11. (英) Quality control of signaling molecules(2)

    (日) シグナル分子のクオリティーコントロール(2)

  12. (英) ER stress proteins and chaperones(1)

    (日) 小胞体ストレスタンパク,シャペロンの役割(1)

  13. (英) ER stress proteins and chaperones(2)

    (日) 小胞体ストレスタンパク,シャペロンの役割(2)

  14. (英) Development of new drugs targeting regulatory factors for signal transduction

    (日) 情報伝達制御因子を標的とする新薬開発

  15. (英) Transcriptional regulation by ER stress proteins

    (日) 小胞体ストレスタンパクによる転写制御

  16. (英) Report preparation

    (日) レポート作成

評価 必須

(英) Evaluation by report

(日) レポートによる評価

再評価 必須
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (英) To be introduced in the class

    (日) 授業中に紹介

参考資料 推奨
  1. (英) To be introduced in the class

    (日) 授業中に紹介

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 長浜 正巳
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意