徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/有機化学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125177
EOID
375740
Map
[2005/有機合成化学特論]
LastModified
2007年12月26日(水) 23:17:01
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Advanced Organic Chemistry / (日) 有機化学特論 / (読) ゆうきかがくとくろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 河村 保彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) This lecture intends to reconstruct knowledge of basic organic chemistry in view of structure and reactivity aspects and thus, aims at grasping essence shown in the real organic chemistry journals.

(日) 本講義は,有機化学を主として構造と反応の両面から再構築すると共に,学術雑誌の内容把握に有用な実際的知識及び応用力を身につけることを目的とする.

概要 必須

(英) We wish to discuss 1) an advanced nomenclature of complicated organic molecules and chemistry informatics, 2) stereochemistry, 3) logical synthesis of organic molecules, and finally, 4) physical influence on organic reactions.

(日) 上記の講義目的達成をめざして,1)より高度な命名法と実用的な(有機)化学情報獲得法,2)立体化学の実際と適用範囲,3)複雑な有機化合物の合理的な合成法と4)高度な化学反応制御の方法について講述する.

キーワード 推奨
  1. (英) Nomenclature / (日) 命名法 / (読) めいめいほう
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 命名法 (nomenclature)
  2. (英) Stereochemistry / (日) 立体化学 / (読) りったいかがく
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 立体化学 (stereochemistry)
  3. (英) C-C Bond formation / (日) 炭素ー炭素結合形成 / (読) たんそーたんそけつごうけいせい
  4. (英) Multistep synthesis / (日) 多段階合成 / (読) ただんかいごうせい
  5. (英) Physical influence / (日) 物理的影響 / (読) ぶつりてきえいきょう
先行科目 推奨
  1. 有機化学([2006/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
  2. 有機合成化学([2006/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
  3. 反応有機化学([2006/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 物質合成化学特論([2006/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]])
    関連度 任意
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (英) Understanding essence of organic chemistry journals.

    (日) 一般的な有機化学系学術雑誌の内容が理解できる.

  2. (英) Ability to suggest or propose the way to solve various organic chemistry subjects.

    (日) 有機化学関連の研究課題において,問題解決および研究展開に関する提案ができる.

計画 必須
  1. (英) Nomenclature of complicated organic molecules 1: Bridged cyclic and ring-fused hydrocarbons

    (日) より複雑な有機化合物の命名法1:架橋環式系および環縮合系,

  2. (英) Nomenclature of complicated organic molecules 2: Heterocyclic compounds

    (日) より複雑な有機化合物の命名法2:複素環化合物

  3. (英) Chemistry informatics

    (日) 実際的な文献検索の方法:ケミカルアブストラクツ,SciFinderの構成と利用法

  4. (英) Stereochemistry 1: Terminology and definition

    (日) 立体化学1:用語とその定義,特殊なキラル分子

  5. (英) Stereochemistry 2: Optical rotation and resolution, asymmetric synthesis

    (日) 立体化学2:比旋光度と光学分割,不斉合成

  6. (英) Functional group preparation 1: Carboxylic acids and their derivatives

    (日) 官能基合成法1:カルボン酸とその誘導体

  7. (英) Functional group preparation 2: Aldehydes and ketones, alcohols and ethers

    (日) 官能基合成法2:アルデヒド·ケトン,アルコールとエーテル

  8. (英) Functional group preparation 3: Alkyl halides, amines. isocyanates, etc.

    (日) 官能基合成法3:ハロゲン化アルキル,アミン,イソシアネート,その他

  9. (英) C-C Bond formation 1: Nucleophilic and electrophilic reactions, carbanions, and enolates

    (日) 炭素-炭素結合生成法1:求核及び求電子試薬,カルバニオン,エノレート

  10. (英) C-C Bond formation 2: Cycloaddition reactions

    (日) 炭素-炭素結合生成法2:付加環化反応

  11. (英) C-C Bond formation 3: Recent advances

    (日) 炭素-炭素結合生成法3:最近の合成反応

  12. (英) Multistep synthesis 1: Retrosynthetic analysis and application

    (日) 多段階合成構築法1:逆合成解析と有機化合物の構築例

  13. (英) Multistep synthesis 2: Annelation reactions; Report on an example of the recent organic synthesis

    (日) 多段階合成構築法2:環形成反応(3∼6員環の形成),最近の報告例に関するレポート

  14. (英) Reaction mechanism and prediction: Reaction rates, Eyring and Hammett equations

    (日) 反応機構と反応予測:反応速度とEyring式,Hammett式

  15. (英) Physical influence on organic reactions

    (日) 反応に対する物理的影響:温度,圧力,溶媒

  16. (英) Final exam.

    (日) 期末試験

評価 必須

(英) Students are credited by the results of evaluation of their reports (50%) and scores of the final exam (50%).

(日) レポート50%,期末試験の成績50%.これらを合わせて60%以上の得点で合格とする.

再評価 必須
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 河村 保彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です