徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2006/電磁環境特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
125119
EOID
497933
Map
0
LastModified
2009年12月28日(月) 20:45:13
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2006年 (平成 18年)
名称 必須 (英) Advanced Theory of Electromagnetic Compatibility / (日) 電磁環境特論 / (読) でんじかんきょうとくろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]
  2. 2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士前期課程]
  3. 2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 伊坂 勝生
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(英) The purpose of this lectrure is to help students understand (1) electromagnetic environments quantitatively, (2) thier electrical effects on the industrial products and (3) their biological effects on humans.

(日) 電磁環境の基礎を理解させるとともに,電気·電子機器類の電磁環境適合性の必要性とそれらの設計法の実際について修得させる.さらに,人体の電磁環境社会における電磁環境の実態に関心をもたせる.

概要 必須

(英) (1) Fundamentals of electromagnetic theory, (2) Electromagnetic compatibility (EMC) of industrial products, (3) Guideline of protection of humans from environmental electromagnetic fields, and (4) Concept of EMC in 21st century.

(日) (1)電磁界の理論および電磁環境の基礎,(2) 各種電気·電子機器の電磁環境適合性とそれらの設計法,(3)電磁環境の生物への影響および防護指針,(4)将来の電磁環境への適合性

キーワード 推奨
  1. 電磁界(electromagnetic field)
  2. 電磁干渉(electromagnetic interference)
  3. 電磁耐性(electromagnetic immunity)
先行科目 推奨
  1. 回路理論特論([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]])
    必要度 任意 0.200000
  2. 電子回路特論([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]])
    必要度 任意 0.200000
  3. 生体工学特論([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]])
    必要度 任意 0.200000
関連科目 推奨
  1. 電力系統論([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]])
    関連度 任意 0.200000
要件 任意

(英) Good understanding of electromagnetics theory.

(日) 電磁気学理論の理解

注意 任意
目標 必須
  1. (英) To be able to understand natural and artificial environments by the theoretical use of electromagnetic fields.

    (日) 電磁界の理論的取扱いによって自然と人工の電磁環境の理解ができる.

  2. (英) To be able to understand the pratice of electromagnetic compatibility design of electric and electronic equipments.

    (日) 電気·電子機器類の電磁環境設計法の実際が把握できる.

  3. (英) To be able to understand the discussions of electromagnetic fields effects on living bodies by international agencies.

    (日) 電磁環境における生物への影響に関する国際機関の議論が理解できる.

計画 必須
  1. (英) Electric field, magnetic field and Electromagnetic field (1).

    (日) 電界,磁界および電磁界の基礎(1)

  2. (英) Electric field, magnetic field and Electromagnetic field (2).

    (日) 電界,磁界および電磁界の基礎(2)

  3. (英) Electric field, magnetic field and Electromagnetic field (3).

    (日) 電界,磁界および電磁界の基礎(3)

  4. (英) Electromagnetic fields in natural environment.

    (日) 自然界における電磁環境

  5. (英) Man-made low frequency electromagnetic fields.

    (日) 人工の低周波電磁環境

  6. (英) Low frequency electromagnetic fields in residential and occupational environments.

    (日) 居住環境および職場における低周波電磁環境

  7. (英) Man-made High frequency electromagnetic fields.

    (日) 人工の高周波電磁環境

  8. (英) Concept of electromagnetic compatibility.

    (日) 電磁環境適合性の概念

  9. (英) Electromagnetic interference and immunity

    (日) 電磁干渉と電磁耐性

  10. (英) Effects of environmental electromagnetic fields on electronic circuits.

    (日) 環境電磁界の電子回路への影響

  11. (英) Biological effects of electromagnetic fields.

    (日) 電磁界の生体影響

  12. (英) Protection of humans from ionizing and non-ionizing electromagnetic fields.

    (日) 人体の電離および非電離放射線防護

  13. (英) Precautionary principle by World Health Organization.

    (日) 世界保健機関の予防原則について

  14. (英) Living environments in 21st century and EMC.

    (日) 21世紀生活環境とEMC

  15. (英) Review talk and discussions.

    (日) 講義の総括および討論

  16. (英) Examination.

    (日) 試験

評価 必須

(英) Assignments count 30% and Examination 70%.

(日) レポート30%,試験70%で評価する.

再評価 必須

(英) None.

(日) なし

対象学生 任意

(英) Any students can attend the class.

(日) 関心のある学生は誰でも受講可.

教科書 必須
  1. (英) None.

    (日) なし

参考資料 推奨
  1. (英) Will be introduced in the class.

    (日) 教室で紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 伊坂 勝生
    オフィスアワー 任意

    (英) 12:00 to 13:00 Monday through Friday

    (日) 月曜日から金曜日までの12時から13時.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) This lecture will be given in English.

    (日) 国際連携大学院担当教員科目のため英語授業となる場合がある.