徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 内田 正教/[今枝 正夫]/[橋本 強二]/部分分数展開を用いたむだ時間系の同定/[化学工学論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
124400
EOID
689305
Map
0
LastModified
2013年6月4日(火) 12:04:56
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座
著者 必須
  1. (英) Uchida Masanori / (日) 内田 正教 / (読) うちだ まさのり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 今枝 正夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 橋本 強二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Identification of Time Delay Systems Using Partial Fraction Decomposition

(日) 部分分数展開を用いたむだ時間系の同定

副題 任意
要約 任意

(英) The partial fraction decomposition method is proposed as a new method for identifying time-delay systems. Many chemical plants include a large or small time-delay factor in their process dynamics. However, it is very difficult to estimate the time-delay exactly by using conventional methods.In the proposed method, a suitable transfer function of the plant is built from operational input-output data with the usual identification method. The transfer function usually includes redundancy, or consists of a characteristic part and a redundant part, because the order of the plant is not known exactly. The redundant transfer function is decomposed into first-order partial transfer functions to extract the characteristic part from the model. Thereby, not only the redundant part but also errors included there in are removed. Consequently, the transfer function of the plant can be rebuilt precisely. The processing algorithm is very simple and calculations are fast and easy.In this paper, two examples are treated to evaluate accuracy for identification. One is to model a process of which the transfer function is well known. The other is to model an industrial distillation column from operational data. Once exact time-delay is estimated, the plant can be expressed with a very simple transfer function.

(日) 本論では,新しいむだ時間系同定法として部分分数展開法を提案する.プラントの制御系設計において,プラントの正確な同定は非常に重要である.しかし,化学プラントの多くはむだ時間を有し,既存の同定法では正確な同定が困難であった.部分分数展開法では,まずプラントの特性調査用モデルを入出力データから求め,そのモデルからプラント伝達関数を推定する.特性調査用モデルとは,次数をプラント次数より大きく設定したパラメトリックモデルである.プラント次数は一般に未知であるため,いったんこのようなモデルを求める.モデルは冗長にプラント伝達関数を表しており,伝達関数成分と冗長成分で構成されている.このモデルを1次伝達関数ごとに分解して含まれる成分の分析を行い,モデルからプラント伝達関数を抽出する.冗長成分は取り除かれ,プラントを簡単なモデルで正確に表現することが可能となる.本論では,ディジタルシミュレーションにより動特性が既知のプラントの同定を行い,本手法の同定精度を検証した.そして,実プラントへの適用例として,蒸留プラントの同定結果を示した.

キーワード 推奨
  1. (英) Identification / (日) 同定 / (読) どうてい
  2. (英) Time delay / (日) むだ時間 / (読) むだじかん
  3. (英) Partial Fraction Decomposition / (日) 部分分数展開 / (読) ぶぶんぶんすうてんかい
  4. (英) Distillation column / (日) 蒸留塔 / (読) じょうりゅうとう
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 化学工学論文集([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0386-216X, eISSN: 1349-9203)
ISSN 任意 0386-216X
ISSN: 0386-216X (pISSN: 0386-216X, eISSN: 1349-9203)
Title: 化学工学論文集
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 31
必須 4
必須 266 272
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2005年 8月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130000018627/
DOI 任意 10.1252/kakoronbunshu.31.266    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130000018627
WOS 任意 000235145400007
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意