徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 金子 英雄/柘植 英哉/[嶋林 三郎]/最近の製剤研究にみる技術評価/[オレオサイエンス]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
123963
EOID
1025473
Map
0
LastModified
2021年12月20日(月) 11:17:13
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 日本語
招待 推奨 依頼
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体情報薬科学部門.分子情報薬学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) KANEKO Hideo / (日) 金子 英雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) TSUGE Hideya / (日) 柘植 英哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 嶋林 三郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Basic Evaluation Techniques in Pharmaceutical Formulation Study

(日) 最近の製剤研究にみる技術評価

副題 任意

(日) 製剤設計の新展開

要約 任意

(英) “Oleoscience” is very useful and important in formulation research and development, and the associated technologies are now often employed during the pharmaceutical formulation development stage. In this review, some “Oleoscience” based methods used in recent pharmaceutical formulation development studies are illustrated and evaluated. The following experiments are described : measuring the degree of self-assembly between the molecules of a drug by using the physicochemical method; analyzing the relationship between orally administered dose in human and capacity factor determined from liposome chromatography; estimating the physicochemical stability of liposomes by osmometry; determination of the thickness of the hydration layer around liposomes by measuring zeta-potentials; estimating the degree of aggregation in water/oil emulsions using dielectric relaxation measurement; particle size determination of perfluorocarbon/water emulsions by phase doppler particle analysis; analysis of an immuno-reaction between drug-antibody complex and antigen expressed by tumor cells using surface plasmon resonance method; molecular weight determination of macromolecular drugs by using light-scattering, and so on. The number of poorly or less water-soluble and macromolecular drugs is increasing, providing fresh challenges for pharmaceutical formulation research. New drug delivery technology is expected to provide novel solutions to some of the problems often encountered when developing suitable formulations for these new types of products. The methods described in this review demonstrate some of the basic and important technologies for drug delivery, which are required to support this rapidly growing area of pharmaceutical research.

(日) "オレオサイエンス" の研究領域における知識と技術は, 製剤の処方研究において大変有用であり, 製剤処方設計の単位操作に頻繁に応用されている.しかし最近の製剤研究においては, 開発候補品のもつ薬としての資質が複雑化し, 難溶性薬物や高分子医薬を目指した分子量の大きな化合物の製剤化が増加し, 従来技術に加えて新たな技術的挑戦が必要である.これらの薬物の製剤研究において考慮すべき問題の解決には, ドラッグデリバリー技術が有用であると考えられるので, 本稿ではこのドラッグデリバリー技術を支える基盤技術としての評価技術に注目した.凝固点 (蒸気圧) 降下法による低分子薬物の自己会合, リポソームクロマトグラフィによるヒト経口吸収性, 浸透圧法によるリボソームの物理化学的安定性, ゼータ電位測定によるリボソームの水和層の厚さ, 誘電緩和測定によるW/Oエマルジョンの凝集, 動的光散乱法による超音波造影剤パーフルオロカーボン/水エマルジョンの粒子径, 表面プラズモン現象を利用した免疫反応, そして光散乱法による高分子医薬の分子量といった種々の項目について, その評価方法の具体的な応用例を示した.

キーワード 推奨
  1. リポソーム(liposomes)
  2. (英) Emulsion
  3. (英) Poorly Water-Soluble Drug
  4. (英) Macromolecular Drugs
  5. (英) Drug Delivery Technology
発行所 推奨 (英) Japan Oil Chemists' Society / (日) 公益社団法人 日本油化学会
誌名 必須 オレオサイエンス(日本油化学会)
(pISSN: 1345-8949, eISSN: 2187-3461)
ISSN 任意 1345-8949
ISSN: 1345-8949 (pISSN: 1345-8949, eISSN: 2187-3461)
Title: オレオサイエンス
Supplier: 公益社団法人 日本油化学会
Publisher: Japan Oil Chemists' Society
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 1
必須 7
必須 725 733
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2001年 7月 初日
URL 任意 https://ci.nii.ac.jp/naid/130004650624/
DOI 任意 10.5650/oleoscience.1.725    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130004650624
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意