徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 青野 初/[玉井 伸岳]/巽 大輔/松本 孝芳/Aggregate Structure and Rheological Properties of Mercelized Cellulose / LiCl-DMAc Solution/日本レオロジー学会誌

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
121781
EOID
229572
Map
0
LastModified
2005年5月27日(金) 16:35:34
Operator
玉井 伸岳
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
玉井 伸岳
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 京都大学
  2. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. (英) Aono Hajime / (日) 青野 初 / (読) あおの はじめ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 玉井 伸岳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tatsumi Daisuke / (日) 巽 大輔 / (読) たつみ だいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Matsumoto Takayoshi / (日) 松本 孝芳 / (読) まつもと たかよし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Aggregate Structure and Rheological Properties of Mercelized Cellulose / LiCl-DMAc Solution

副題 任意
要約 任意

(英) The effect of mercelization on the cellulose solution was investigated in terms of rheological and dilute solution properties in 8 wt % LiCl/N,N-dimethylacetamide (DMAc). Cotton lint, cotton linter, and dissolving pulp were used for native cellulose samples. Static light scattering (SLS) measurements show that the second virial coefficient, A2, of the cellulose solutions decreased by the mercelization, indicating that the affinity between cellulose and the solvent molecules decreased by mercelization. A long time relaxation was found only for the mercelized cellulose solution by viscoelastic measurements for semidilute solutions. This indicates that some heterogeneous structures were formed in the mercelized cellulose solution. Some aggregate structure, which have slow decay time, were observed in the 0.5 wt % mercelized cellulose solution by dynamic light scattering (DLS) measurements. According to these results, the low affinity between cellulose and the solvent makes some aggregate structures in the mercelized cellulose solutions in 8 wt % LiCl/DMAc above the overlap concentration.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本レオロジー学会
誌名 必須 (英) Journal of Society of Rheology Japan / (日) 日本レオロジー学会誌
ISSN 任意
必須 32
必須 4
必須 169 177
都市 任意 京都(Kyoto/[日本国])
年月日 必須 2004年 9月 15日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意