徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kajiura Fumiko/Sun Shijie/Nomura Takashi/[泉 啓介]/[上野 智雄]/[坂東 良美]/[黒田 範行]/Han Hongwei/Li Yi/[松島 明美]/[高浜 洋介]/Sakaguchi Shimon/Mitani Tasuku/[松本 満]/NF-κB-inducing kinase establishes self-tolerance in a thymic stroma-dependent manner/[The Journal of Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
121167
EOID
781470
Map
0
LastModified
2015年6月22日(月) 14:01:30
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
坂東 良美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[徳島大学.疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. (英) Kajiura Fumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Sun Shijie
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《孫 世杰 (SHIJIE SUN) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2003年8月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Nomura Takashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 泉 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 上野 智雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 黒田 範行
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Han Hongwei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Li Yi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《米 麗英 (YING LI MI) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2004年3月》
    《祝 穎蓮 (LIAN YING ZHU) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2004年3月》
    《米 麗英 (YING LI MI) @ 総合科学部 [研究生] 2001年4月〜2002年3月》
    《李 卢一 (Yi Lu Li) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2003年4月〜2006年3月》
    《DING LIYING (LIYING DING) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2001年3月》
    《祝 穎蓮 (YINGLIAN ZHU) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2004年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. 松島 明美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 高浜 洋介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Sakaguchi Shimon
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Mitani Tasuku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) NF-κB-inducing kinase establishes self-tolerance in a thymic stroma-dependent manner

副題 任意
要約 任意

(英) Physical contact between thymocytes and the thymic stroma is essential for T cell maturation and shapes the T cell repertoire in the periphery. Stromal elements that control these processes still remain elusive. We used a mouse strain with mutant NF-kappaB-inducing kinase (NIK) to examine the mechanisms underlying the breakdown of self-tolerance. This NIK-mutant strain manifests autoimmunity and disorganized thymic structure with abnormal expression of Rel proteins in the stroma. Production of immunoregulatory T cells that control autoreactive T cells was impaired in NIK-mutant mice. The autoimmune disease seen in NIK-mutant mice was reproduced in athymic nude mice by grafting embryonic thymus from NIK-mutant mice, and this was rescued by supply of exogenous immunoregulatory T cells. Impaired production of immunoregulatory T cells by thymic stroma without normal NIK was associated with altered expression of peripheral tissue-restricted Ags, suggesting an essential role of NIK in the thymic microenvironment in the establishment of central tolerance.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Autoimmune Diseases
  3. (英) Bone Marrow Transplantation
  4. (英) CD4-Positive T-Lymphocytes
  5. (英) Cell Differentiation
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 細胞増殖·分化 (cell proliferation and differentiation)
    [キーワード] 細胞分化 (cell differentiation)
  6. (英) Fetal Tissue Transplantation
  7. (英) Gene Expression Regulation, Developmental
  8. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  9. (英) Mice, Inbred A
  10. (英) Mice, Inbred BALB C
  11. (英) Mice, Mutant Strains
  12. (英) Mice, Nude
  13. (英) Mutation
  14. (英) NF-kappa B
  15. (英) Organ Culture Techniques
  16. (英) Protein-Serine-Threonine Kinases
  17. (英) Receptors, Interleukin-2
  18. (英) Self Tolerance
  19. (英) Stromal Cells
  20. (英) T-Lymphocyte Subsets
  21. (英) Thymus Gland
発行所 推奨 The American Association of Immunologists
誌名 必須 The Journal of Immunology([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
ISSN 任意 0022-1767
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J Immunol
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 172
必須 4
必須 2067 2075
都市 任意
年月日 必須 2004年 2月 15日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 14764671    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000188788600012
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Molecular and Environmental Pathology, School of Medicine, University of Tokushima, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't