徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Osugi, Jiro/Nakahara, Masaru/[魚崎 泰弘]/High Pressure Research and Industry

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
120656
EOID
912065
Map
0
LastModified
2018年7月2日(月) 14:46:31
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[部門長]/[大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 著書
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Osugi, Jiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nakahara, Masaru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 魚崎 泰弘
    役割 任意

    (日) 実験,データ解析,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) High Pressure Research and Industry

副題 任意

(英) Effect of Pressure on Competitive 1,2- and 1,4-Cycloaddition Reactions of p-Methoxystyrene with Tetracyanoethylene

要約 任意

(日) これまで,(2+2)環状付加体を生成する代表例として知られていた p- メトキシスチレンとテトラシアノエチレンとの反応において,これまで報告してきた他のスチレン誘導体と同様に(2+4)環状付加体の生成が見られることを明らかにした.ただし,(2+4)環状付加体は不安定な生成物で,最終生成物は(2+2)環状付加体である.この競争的な二つの環状付加反応を速度論的に解析する方法を確立し,これらの反応に対する温度効果と圧力効果を検討した.その結果,エネルギープロファイルと体積プロファイルを構築した結果を詳しく纏めた.

キーワード 推奨
発行所 必須
誌名 任意
任意
任意
任意
都市 必須
年月日 必須 1982年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意