徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Itoh Hiroshi/[南川 慶二]/[小山 清人]/Tada Kazumi/Simulation for Estimation of Microstructure in Molded Polymer Products/[Reports on Progress in Polymer Physics in Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
120225
EOID
239651
Map
0
LastModified
2005年9月27日(火) 11:55:49
Operator
近江 千代子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
南川 慶二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術レター(ショートペーパー)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
著者 必須
  1. (英) Itoh Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 小山 清人([山形大学.工学部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Tada Kazumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Simulation for Estimation of Microstructure in Molded Polymer Products

副題 任意
要約 任意

(日) 高分子成形品の内部の結晶化度と球晶サイズをシミュレーションによって評価する方法を提案した.成形品の表面と金型との間の熱伝導を考慮したCAEプログラムで計算を行った.結晶化度は表面と中心との間の層で最大となり,そのとき球晶サイズも大きくなった.今回のシミュレーションの条件では界面熱伝導の影響はそれほど大きくないことがわかった.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Reports on Progress in Polymer Physics in Japan(高分子物理年報刊行会)
ISSN 任意
必須 37
必須
必須 271 272
都市 任意
年月日 必須 1994年 12月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意