徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [小西 克信]/[芳村 敏夫]/谷口 正樹/伝達行列縮約法に基づく間接的適応極配置系の大域漸近安定性/[計測自動制御学会論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
120033
EOID
752350
Map
0
LastModified
2014年10月28日(火) 16:56:47
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座
著者 必須
  1. 小西 克信
    役割 任意

    (日) 内容作成,執筆

    貢献度 任意 70
    学籍番号 推奨
  2. 芳村 敏夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 谷口 正樹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 伝達行列縮約法に基づく間接的適応極配置系の大域漸近安定性

副題 任意
要約 任意

(日) この論文は,1入力1出力の離散時間系に対して,大域漸近安定な間接的適応極配置法を提案している.制御入力は極配置のためのフィードバック項と,パラメータ同定を励起するための信号からなる.励起信号は極配置誤差に比例しており,励起によってパラメータ推定誤差はゼロに収束するので,最終的に励起信号,パラメータ推定誤差は共に零に収束する.ただし,プラントは上限次数のみが既知であるので,伝達関数の推定値は分母分子に共通因数を含む可能性があり,これを除去するために伝達行列縮約法を用いている.数値例によって本手法の有効性が示されている.

キーワード 推奨
発行所 推奨 計測自動制御学会
誌名 必須 計測自動制御学会論文集([計測自動制御学会])
(resolved by 0453-4654)
ISSN: 0453-4654 (pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)
Title: 計測自動制御学会論文集
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1883-8189)
ISSN: 0453-4654 (pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)
Title: 計測自動制御学会論文集
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 26
必須 11
必須 1251 1258
都市 任意
年月日 必須 1990年 11月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意