徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [小西 克信]/[芳村 敏夫]/[橋本 強二]/山本 伸彦/圧電素子を動力源とする油圧式アクチュエータに関する研究/[日本機械学会論文集(C編)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
120028
EOID
752355
Map
0
LastModified
2014年10月28日(火) 16:56:47
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座
著者 必須
  1. 小西 克信
    役割 任意

    (日) 内容作成,実験,執筆

    貢献度 任意 60
    学籍番号 推奨
  2. 芳村 敏夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 橋本 強二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 山本 伸彦 / (読) やまもと のぶひこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hydraulic Actuators Driven by Piezoelectric Elements : 1st Report, Trial Piezoelectric Pump and Its Maximum Power)

(日) 圧電素子を動力源とする油圧式アクチュエータに関する研究

副題 任意

(日) 第1報,圧電ポンプの試作とその最大出力の検討

要約 任意

(英) This paper daels with the maximum output power of a trial piezoelectric pump as a first step in developing small-sized hydraulic actuators for robots and mechatronic devices, where the main parts of the pump are inlet . outlet valves, connective pipes between the valves and the pressure chambers, and a diaphragm driven by a multilayered piezoelectric element of 22 mm diameter, 55.5 mm length and 170 g mass. The experimental results show that the pumping power takes a maximum value when the driving frequency coincides with the resonant frequency of the working liquid in the pipes, and that the maximum pumping power is 34 W for the pipes with 300 Hz resonant frequency. On the other hand, theoretical consideration of optimal driving of the piezoelectric element indicates that the above pumping power is increased by 70% using appropriate resonant pipes and a pumping chamber of piston-cylinder type instead of the diaphragm.

(日) 本論文は,圧電素子,ダイアフラム及び吸入吐出弁からなるポンプを作成し,その最大出力を調べたものである.圧電素子は長さ55.5mm,直径22mm,ダイアフラムは直径47mmの皿ばね,吸入吐出弁は手製の平板弁,作動油はモービル·ベロシティオイルNo3である.この装置を電圧660Vpp,周波数300Hzの矩形波で駆動し,効率27%で,34Wの出力が得られた.また,ダイアフラム内の圧力·変位のリサージュ図形を考察して,より大出力が可能であるとの結論を得た.

キーワード 推奨
  1. (英) Mechatronics and Robotics
  2. (英) Hydraulic Actuator
  3. (英) Piezoelectric Element
  4. (英) Hydraulic Pump
  5. (英) Resonance of Hydraulic Circuit
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 日本機械学会論文集(C編)([日本機械学会])
(pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)
ISSN 任意 0387-5024
ISSN: 0387-5024 (pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)
Title: 日本機械学會論文集. C編
Supplier: 一般社団法人日本機械学会
Publisher: Japan Society of Mechanical Engineers/Nihon Kikai Gakkai
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 59
必須 564
必須 2477 2484
都市 任意
年月日 必須 1993年 8月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002392897/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110002392897
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意