徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [岡田 達也]/Weatherly C George/The role of strain and composition on the morphology of InGaAsP layers grown on <001>InP substrates/[Journal of Crystal Growth]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
11967
EOID
335162
Map
0
LastModified
2007年3月27日(火) 10:58:48
Operator
岡田 達也
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
岡田 達也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座
著者 必須
  1. 岡田 達也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
    役割 任意

    (日) TEM観察,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Weatherly C George
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The role of strain and composition on the morphology of InGaAsP layers grown on <001>InP substrates

副題 任意
要約 任意

(日) InP(001)基板上に圧縮ひずみないしは引張ひずみをもつIn1-xGaxAsyP1-y薄膜および量子井戸を,系統的に厚さを変えてMBE成長させた.膜内のスピノーダル的な相分離および膜表面の凹凸を,断面TEM法により観察した.引張ひずみをもつ場合は,膜厚が小さな段階から相分離および表面の凹凸が生じていた.これに対して,圧縮ひずみをもつ場合は,ひずみが1.5%に達していても相分離は小さく,表面の平坦性は良好であった.以上の結果を,成長中の表面における簡単な拡散モデルに基づき解釈した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Elsevier Science
誌名 必須 Journal of Crystal Growth([Elsevier])
(resolved by 0022-0248)
ISSN: 0022-0248 (pISSN: 0022-0248)
Title: Journal of crystal growth
Title(ISO): J Cryst Growth
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 179
必須 3-4
必須 339 348
都市 任意
年月日 必須 1997年 8月 2日
URL 任意 http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6TJ6-41TNF24-2&_coverDate=08%2F02%2F1997&_alid=485133962&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_qd=1&_cdi=5302&_sort=d&view=c&_acct=C000008258&_version=1&_urlVersion=0&_userid=106892&md5=b600b3d45aa6d738a1bb33f95ef5d6c0
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意