徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [李 卓明]/[白 暁暁]/[張 欽宇]/[芥川 正武]/[七條 文雄]/[木内 陽介]/[Abeyratne Udantha]/Multi Dipole Source Identification from EEG/MEG Topography/Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
118825
EOID
210012
Map
0
LastModified
2005年2月28日(月) 15:29:55
Operator
芥川 正武
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
芥川 正武
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座
  2. 徳島大学.医療技術短期大学部.診療放射線技術学科
著者 必須
  1. 李 卓明([機能システム工学専攻])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 白 暁暁([機能システム工学専攻])
    役割 任意

    (日) 研究計画,解析方法に関する検討

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 張 欽宇
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 芥川 正武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意

    (日) 解析方法,実験データの処理に関する検討

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 七條 文雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 木内 陽介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. Abeyratne Udantha(The University of Queensland)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Multi Dipole Source Identification from EEG/MEG Topography

副題 任意
要約 任意

(英) The end goal of source localization problem is to find the parameters of the brain source. The source number is also the case of these parameters. In this paper we consider two system identification methods (e.g., the information criterion method and the F-test method) to determine the dipole number only with one EEG or MEG topography. Then compare the results from these two methods and find the better one. The following investigations are presented to show that the information criterion method used in this paper is an advanced approach for determining the dipole number just with one EEG ore MEG topography.

(日) 脳波(EEG)および脳磁図(MEG)の脳内信号源推定問題はシステムのパラメータ推定問題と考えることができる.それらの信号源の数もパラメータの一つと考えられる.本研究では信号源の数の推定について情報量規範を用いる方法をF検定を用いる方法について比較検討を行い,推定に適した手法を求めている.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision
ISSN 任意
必須
必須
必須 953 957
都市 必須 昆明(Kunming/[中華人民共和国])
年月日 必須 2004年 12月 6日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意