徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [辻 明彦]/Kiyoshi Omura/Yosiyuki Suzuki/I-cell disease: evidence for a mannose 6-phospahte independent pathway for translocation of lysosomal enzymes in lymphoblastoid cells/Clinica Chimica Acta

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
118398
EOID
212835
Map
0
LastModified
2005年3月2日(水) 14:11:31
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
辻 明彦
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 辻 明彦
    役割 任意

    (日) 計画,実験,解析,考察,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kiyoshi Omura
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Yosiyuki Suzuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) I-cell disease: evidence for a mannose 6-phospahte independent pathway for translocation of lysosomal enzymes in lymphoblastoid cells

副題 任意
要約 任意

(日) I-cell病患者と正常者のリンパ芽球細胞を培養し,リソソーム酵素の動態について解析,検討した.I-cell病患者皮膚繊維芽細胞ではほとんどのリソソーム酵素活性は著明に低下するが,リンパ芽球細胞ではガラクトシダーゼ以外の酵素活性はほぼ正常であり,細胞内局在性やプロセシングも正常細胞と差は見られず,マンノース6リン酸経路以外のリソソーム酵素局在化機構の存在が示唆された.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Clinica Chimica Acta
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[雑誌] Clinica Chimica Acta ([Elsevier])
ISSN 任意
必須 176
必須
必須 115 122
都市 任意
年月日 必須 1988年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意