徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [青江 順一]/[山本 米雄]/島田 良作/局所的にスタックを使用するLALR(1)パーサの拡張/[電子情報通信学会論文誌(D)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
118338
EOID
883713
Map
0
LastModified
2018年1月12日(金) 14:52:37
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座
著者 必須
  1. 青江 順一
    役割 任意

    (日) 筆頭著者として,研究手法の提案·評価を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 山本 米雄(->個人[矢野 米雄])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 島田 良作 / (読) しまだ りょうさく
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 局所的にスタックを使用するLALR(1)パーサの拡張

副題 任意
要約 任意

(日) 本論文では,UP矛盾に対する二つの解決法を提案し,SCLRパーサの能力を拡張する.これらの解決法は,(1)状態の分割による方法と,(2)還元動作の分割による方法である.(1)の方法は直感的な方法であるので,適用範囲に制限がある.また,(2)の方法は(1)を補うために使用され,すべてのUP矛盾を解決できる.以上の解決法により,SCLRパーサはすべてのLALR(1)文法に対して構成可能となった.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 電子情報通信学会論文誌(D)([電子情報通信学会])
(resolved by 1880-4535)
ISSN: 1880-4535 (pISSN: 1880-4535, eISSN: 1881-0225)
Title: 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
(resolved by 1881-0225)
ISSN: 1880-4535 (pISSN: 1880-4535, eISSN: 1881-0225)
Title: 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 J68-D
必須 6
必須 1256 1263
都市 任意
年月日 必須 1985年 6月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意